2016年のダボス 世界経済フォーラム! 自律型「殺人ロボット」の戦争兵器化の波へ挑む! ターミネーターの世界は回避したい!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



便利になり過ぎるのも考えもの?
徒然に思うのです。

項 目

1 世界経済フォーラム
2 自律型「殺人ロボット」
 

世界経済フォーラム

1月20日から23日まで世界情勢の改善に取り
組む国際機関として、政界、経済界、学界
はじめ各種の社会に大きな影響力を持つ
リーダー達が連携する機会があるとのこと。

それが、世界経済フォーラム。
スイスのダボスで開かれた様子。

この世界経済フォーラムでは異色の内容に
ついても触れたとあります。

それが自律型の「殺人ロボット」。

特に、人工知能(AI)の発達とともに
ロボットがより高い自律性を持つに至った
時を想定。

それが戦争の兵器として使用されることへの
懸念の高まりが背景とあります。

人工知能(AI)

artificial intelligence

 コンピュータ上で
 人間同様の知能を
 持たせること(技術)



そして、そのテーマはこちらのようです。

人工知能(AI)の使用範囲はどこまでか?
さらに、開発への制限、歯止めをどうするか?

なぜなら、世界の40カ国以上がこの技術に
関心を寄せているとあるのです。

自律型「殺人ロボット」

とにかく、自律型です。

人工知能(AI)に異常が表れた場合
仮に戦場に投入したアト、命じた人間側の
統制を聞かないことも考えられるのです。

とても危険な話です。

Twitterを見るとやはり危惧したものが
多く見られます。

Autonomous killer robots
that go rogue.
→ 自律型ロボットは悪党になる!

さらに話が進むとこのようなものに発展?

戦争時の攻撃計画(大量殺人行動計画)を
人工知能(AI)に埋め込んだロボットの登場。

これが、重装甲で防護強化、強力な武器を
装備したロボットが各所で出現したら
生身の人間では対抗できないでしょう。

そのような思いから会議に関わらず世界で
懸念を発する声も多く見られるようです。

例えば、Twitter上ではこんな感じ。

ダボスでの会議の展望は・・?



ダボス会議。
「殺人ロボットへの幕開け」に挑む!
自律型ロボット。
「核兵器同様の脅威になる!」

何はともあれ、ターミネーターや
銀河鉄道999のようにならないことを
祈りたいものです。

今回も徒然に思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。