2016.7.4 ジュノー木星に到達なるか! ”Fly me to the moon”のように春を見る? 軌道進入後の探査はいかに?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク



こんにちは。
今回は木星の探査機を徒然に考えます。

7月4日、NASAの木星探査機ジュノーが木星の
周回軌道へ進入します。

およそ5年にわたる長旅のアトの到達。

しかし、本番はこれからですね。
天体、宇宙に関心のある人にはワクワクする
ような話でしょう。

NASAのTwitterのつぶやきを追いかけると
なかなか慎重に言葉を選んでいる様子。

7月4日未知の世界へ!
ジュノーは木星周回軌道へ
待っているのは簡単な仕事ではない。

ちょっとカッコイイですね。
こちらがその動画、険しいイメージが漂います。
困難に立ち向かう挑戦者の雰囲気です。

動画の内容から木星組成を調べるとあります。

もしかすると、巨大惑星の生成、太陽との
関わりまでわかるかもしれません。

対象とする元素はこちらになっています。

 水素
 ヘリウム
 メタン
 アンモニア
 水

動画の言いたいことは、だいたいイメージは
できますから。

いろいろと木星探査の背景、探査結果に興味を
覚えたら、NASAのつぶやきが面白いですよ。

おそらく、この後も定期的にサマリーのように
表れてくると思われますからね。

ところで、あの名曲 ”Fly me to the moon”
にも木星は出てきます。

最初の部分ですけど。

Fly me to the moon
お月様まで連れて行って

And let me sing among those stars
星々の間で歌わせて

Let me see what spring is like
どんな春の様子なのか

On Jupiter and Mars
木星や火星を私に見せて

In other words,
つまり

hold my hand
手をつないで欲しいの

In other words,
つまり

darling kiss me
キスして欲しいの

と、木星と火星が現れるやその春の様子を
見たいと流れていくのです。

なかなかあまいムードの歌詞です。

が、ジュノーの場合は残念ながら、なかなか
この通りには行かないようです。

磁気嵐もあるでしょう?
大変です!

でも、ジュノーの木星探査はこの曲同様
魅惑的で夢のある話には見えてきます。

ともかくですね。
7月4日以降、NASAの発表にロックオンです。

ということで、徒然に考えるのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。