ホリエモンロケット『モモ』打ち上げ失敗の爆発は痛いけど、再起して欲しい!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



ラビカリです。

今回は残念な話です。

ホリエモンこと堀江貴文さんが

ファウンダーでもある

ホリエモンロケット『モモ』の打ち上げが

失敗したのです。

目 次
1 ホリエモンロケット『モモ』失敗
2 ホリエモンロケット・モモ関連

ホリエモンロケット『モモ』失敗

打ち上げ発射まではよかったのですが

直後でロケットモーターが停止、落下、爆発へ。

けが人などが出なかったことは

不幸中の幸いでしょう。(6月30日朝)

ただ、打ち上げ中止、延期を繰り返しての

できごとです。


しばらく、事業運営の見直しを含む

ブランク期間が生じるかもしれません。

一番、肩を落としているのは

主催者側でしょうから。

ホリエモンロケット・モモ関連

日本の民間ロケット開発事業体

会社名はこちら。

〇 インターステラテクノロジズ

〇 場所 : 北海道大樹町

〇 社長さん : 稲川貴大氏

〇 打ち上げロケット : 観測用


ロケットの内わけ

 名称  MOMO
 全長  約10m
 総重量(燃料込み)  約1.2t



続いて

打ち上げロケットの飛行の流れはこんな感じ

(報道などからの見込みです。)

高度40kmの位置で

ロケットモーターの燃焼終了

打ち上げロケットモーター部の切り離しを行い

搭載物が入る格納部分(ノーズコーン部)を

そのまま慣性飛行させます。


そして、カーマンラインを越えて

宇宙空間入りでしょう。

(カーマンライン:高度100km)

その後は自由落下・・かと。


一番のポイントは、いわゆる宇宙へ

宇宙空間へ飛び出せるものを打ち上げる!

これがとてもデカイ話と思うのです。


このほか、昨年の報道でもありましたが

『インターステラテクノロジズ』社の構想には

観測用衛星の打ち上げを5,000万円以下で

請け負う考えがあること。


これも魅力的な話と思います。

発射内容が違うとの話もありますが

それでもJAXAで同額規模の発射はないのです。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 油井亀美也 ISS
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。