JAXAの小型ロケット【イプシロン】2号の内之浦から打ち上げ成功! 衛星「エルグ」予定通り・・いいね!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク




小型ロケットながらもイプシロン2号の
打ち上げ成功、嬉しいことです。

秒速9kmで宇宙を前進とのこと。
この意味をイメージすることはできませんが
なんとなく凄いことは察します。

ということで、今回はイプシロン2号。
こちらについて徒然に思うこと。

まずは、ついに来ました!
という感じが、情動として湧きあがります。

いつ、何を打ち上げてもこういう思いです
けど。

日本はホント地道にコツコツと前に向かって
進む国とあらためて思います。

ところで、イプシロン2号は鹿児島の肝付で
打ち上げ。

あのあたりは、内之浦宇宙空間観測所がある
ところ。

イプシロン 内之浦

※ 国土地理院ホームページ
国土地理院地図の一部を加工しています。

スポンサードリンク


http://maps.gsi.go.jp/help/
index.html#manual

実は今回初めて知ったのです。
ちょっと世間一般から疎かった?

ともかくも、種子島ではなく、鹿児島県本土の
同観測所発射施設で打ち上げられたことは
ロケット自体が小さいことも理由の1つかも
しれません。

想像です。

また、イプシロン2号のロケットが宇宙空間に
運び出した衛星は『エルグ(ERG)』と呼ばれ
ジオスペース探査を行うものとあります。

Exploration of energization
and Radiation in Geospace

早い話『エルグ(ERG)』そのものが
ジオスペース探査衛星の略称ですね。

【ジオスペース】はこういうもの。
バンアレン帯(地球周辺の放射線渦巻くところ)
での磁気嵐の生成に関する観測を主として行う。

また『エルグ(ERG)』の愛称も作られ
『あらせ』とのこと。

荒々しい磁気嵐の世界をイメージさせている!
のでしょうか。

ちなみに肝付町を流れる川は荒瀬川。

なにはともあれ、成功はめでたいのです。

これからもイプシロンロケットはじめ
『エルグ(ERG)』の運用が順調に
進むことを望むのです。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。