話のネタでは面白い【EMドライブ】? NASAが月へ4時間で行けるエンジンテストに成功? 恒星間移動も可能か?

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク


こんにちは。
今回も徒然に考えること、宇宙を飛ぶエンジンについて。

ツイッターを見て、興味を持ったもの、こういう突拍子もない話が妙に興味を抱かせるのです。

波動エンジン NASA

項 目

1 にわかに信じがたい話
2 EMドライブ

にわかに信じがたい話

まさに、にわかに信じがたい話が耳に飛び込んできたのです。

NASAが月まで4時間で行ける!
エンジンのテストに成功したとのこと。

「本当かなあ?」でしょう。

しかもこれは動力は太陽エネルギーです。
そのためか、従来型の燃料は必要なし!ともあるのです。

まさに、まゆつばものですけど。
ともあれ、NASAがからむ(?)とあれば話をほじりたくはなります。

もう少し、関心を持続させることにしましょう。

ともかく、聞いたとたん「ホントかよ?」と言葉にしたように月まで4時間ですからね。

現在、新幹線で東京駅から博多まで大体6時間ぐらいです。
目安と見ても、早い話が新幹線で東京から大阪か神戸に行く時間とそんなに変わらないということ。

急に現実感満載の話と比較しましたが、世の中の常識が覆るかもしれません。

とはいえ、今回の話は本当としてもテストが成功ということで、開発完了ではないのです。

そんなに慌てて世の中の環境を変える必要もありませんから、ゆっくりでよいと思いますけどね。

ところで、そのエンジン方式の名はこちら。

EMドライブ

この方式自体はにわかに出現ではないのです。

かれこれ15年ぐらい前から一部の科学者の間では語られていたとありますから。

波動エンジン NASA

EMドライブ

宇宙飛行用の機体の推進方法の一つ。
ロケットエンジンなどの既存の推進機関とは違って、推進剤なし、要は燃料なしで推力を生み出す装置とあり、英国生まれの考え方です。

何でもマイクロ波を密閉容器内で反射させるシステムとありますが、電子レンジのような機械で飛ぶのでしょうか?

でも、マイクロ波で推進力を得ようとする!
それはなんとなく想像だけはできますが、それ以外はチンプンカンプン。

もしかすると波動エンジン?

確かに波動エンジンならば月まで4時間、火星まで10週間以内で達することは可能かもしれません。

アニメから連想しての話ですよ。

波動エンジン NASA

夢はあります。
でも、今も最初とな字で「ほんまかいな?」のレベル。

それでも、実現すれば、画期的なことであり、火星への往復飛行にも明るい展望となること。
それは間違いないでしょう。

それにしても、しつこいですが信じ難い話です。

本当にNASAが言っている?
そこに、どうしても振り返るのです。

ともあれ、凡人には見極めつき難し!
今回も徒然ながら思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。