SPACE X社のファルコン9とドラゴン宇宙船が支えるISS! 今の姿を同社とNASAの画像から見た!

この記事は1分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うのです。
SPACE X社のロケット。

あのSPACE X社の洋上垂直降下着陸の興奮
冷めやらぬところ、その証も同社とNASAの
ページから見ることができ、そのすごさと
感動も消えないのです。

項 目

1 洋上垂直降下着陸
2 ドラゴン宇宙船のドッキング

洋上垂直降下着陸

これは「ファルコン9」第1段ロケットの回収
ですね。

同社のTwitter上の内容は科学進歩の
ダイジェスト版のようです。

このSPACE X社の動画を見るとイメージする
ものが、人形劇のサンダーバード 1号と 3号。

こういうことが今は現実に起こるのですから
同社はもとより、米国と NASAの力はとても
大きく見えるのです。

ドラゴン宇宙船のドッキング

こちらはファルコン9ロケットで打ち上げら
れたドラゴン宇宙船のカーゴ(補給船)です。

行先は当然ISS(国際宇宙ステーション)へ。
目標のISSに到着、しっかりキャプチャー
されています。

同社のページとNASAの画像にも出ていました。
予定通り10日の早朝(米国東部時間)に完了
したのでしょう。

画像の中には3月に打ち上げられたシグナスも
映っていますね。

好奇心を掻き立てられます。

SPACE X ファルコン9

また、シグナスの先にプログレスが表示した
部分に、2機(基)連なるともあります。

(画像からはみ出しているのです。)

ですので、ISSには当然ながら米国、ロシア
双方の宇宙船もひっきりなしに行きかって
いるのでしょう。

昨年は日本の「こうのとり」もありました。

ということで、宇宙の世界は夢が広がり
気持ちがよい!と無手勝流に講釈を加えて
みたのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ブラッド ムーン
  2. 乗客が死なない タタレンコ
  3. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。