19日に宇宙船シグナス(Cygnus)任務終了か? ISS(国際宇宙ステーション)分離! 大気圏で燃え尽きる!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に考えることです。

宇宙船です。

項 目

1 宇宙船シグナス任務終了
2 宇宙船シグナスとは?
3 ISS から分離したらどうなる?

宇宙船シグナス任務終了

国際宇宙ステーション(ISS)とドッキングし
任務参加中の宇宙船シグナスが役割を終了。

19日分離して大気圏上で消失するコースに
入ったとのこと。

cargo ship とありますから、補給の役割を
終えての分離でしょう。

そして、あまり日本では騒がれませんが
ISSへの物資補給は「ソユーズ(プログレス)」
「こうのとり」だけではなく、「シグナス」も
行っているのです。

Twitter のつぶやきにもあります。

宇宙船シグナスとは?

補給船であることはわかります。
ですが、その他も少し追いかけてみます。

 打ち上げ日  2015年12月6日
 打ち上げロケット  アトラスロケット

※ 通常の打ち上げロケットはアンタレス。

米国企業
オービタルサイエンシズ社開発

無人補給船

基本用途はISSへの物資輸送

しかも、国際宇宙ステーション(ISS)への
物資補給に限定したもののようです。

シグナスの大きさ等(標準タイプ)

 直径  3.1m
 重さ  1500kg
 ペイロード  2000kg
 滞在期間  30日間

打ち上げ実績は5回、4回は成功。
(今回は5回目)

1回目は2013年9月18日。
なお、2014年10月29日の4回目は失敗。
(ウイキペデイアにて。)

この画像は鮮明です。
ISS・・ Scott Kelly 宇宙飛行士。

最後の任務を終え、その栄誉を称えたい。
「よくやった!」・・でしょう。

ISS から分離したらどうなる?

補給船ということもあり、任務を終了したら
単純にバイバイのようです。

ですから、大方の予想を裏切ることなく・・。

Will burn up in Earth’s atmosphere
大気圏で燃え尽きます。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ナノバブル 窒素
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。