油井亀美也 宇宙飛行士!こうのとり5号機にサヨナラ!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

サヨナラ・・です。

今回も徒然に思うことです。

29日の未明、深夜のできごと。
宇宙に簡単に出かけることはまだできないのでしょう。
ですが、それでも多くの人たちが懸命に励んでいる!
それは察することができるのです。

その活躍の一つに見えるものがこちら。
国際宇宙ステーション(ISS)とドッキング中の『こう
のとり』 5号機の分離行為。

油井亀美也 ISS
※ 画像は油井 宇宙飛行士(ツイッター)

この操作にはJAXAの油井亀美也宇宙飛行士が担当とあ
り厚く報道のあるところですね。
8月にはドッキング、今回は補給船の任務終了に伴う分
離です。

手先が器用と日本人は言われるようですけど。
それだけでもないように見えます。
緊張感も一杯、胆力あってのことでしょう。

今回は何と操作の始まりでロボットアームに、不具合が
生じたともあります。
そのため、国際宇宙ステーション(ISS)が分離の調整
時間を稼ぐためにですね。

地球を余分に1周したともあります。
※ 1周 : 約90分

なんとも難易度の高いものに見え、デカい話です。
ともかくも南太平洋上空で分離し、時間は 01:53。
大きな問題が生じず良かったかと。

そこで、その立役者、同時に時の人に見える油井宇宙飛
行士はどんな方?
大きく拾い読みするとこんな感じであらましがわかって
きます。

F-15戦闘機のパイロット
(テストパイロットの経験も持つようですね。)

もともと3次元空間に親しむ環境にいた?
順応性も高かったのかもしれません。
その後はJAXA(宇宙航空研究開発機構)に所属した後。

2013年 ISS長期滞在者訓練に参加し、主にガガーリン
宇宙飛行士訓練センターを拠点として活動。

GCTC : Gagarin Cosmonaut Training Center
ガガーリン宇宙飛行士訓練センター

その結果。
2015年7月 バイコヌール宇宙基地からソユーズに乗り
ISSとドッキングへ。
今に至るわけですね。

その後は、今、実験棟「きぼう」で科学実験を行うとも
に、ISSのシステム保守作業等に従事とあります。

また、ISSに向かう際は他 2名と一緒です。
こちらですね。(敬称略)
オレッグ・コノネンコ(ロシア)
チェル・リングリン(NASA)

そして、気になるというか。
楽しみに受け止めているものが、油井宇宙飛行士が撮影
した画像です。
これは興味深い!

特にですよ。
宇宙空間に映える補給船等の姿はとても感動を覚えます。

油井亀美也 ISS

※ 画像は油井 宇宙飛行士(ツイッター)

今後も楽しみですね。
今回もこのように頭に浮かぶことから。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ブラッド ムーン
  2. SS520 内之浦
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。