小惑星・彗星の【2016WF9】がネオワイズ(NEOWISE)で見つかった! NEOでも地球に衝突しなければ夜空の楽しみ対象?

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



彗星、あるいは小惑星も地球にぶつかる!
でなければ「いらっしゃい!」と思うこと。

2016WF9 衝突

NASAのつぶやき(Twitter)をたどると
それに関連したいくつかのつぶやきの中で
地球に近づく彗星、小惑星の話題アリ。

その中に最近発見されたものが 1 つ
クローズアップとなっていました。

もちろん本家と思われる NASA の
Jet Propulsion Laboratory にも
細やかに表れています。

で、この彗星・小惑星は何かと言えば
2016WF9 と呼ばれるもの。

付与された符号に 2016 とあり続く文字も
「W」ですから、発見された時期は比較的
近いものと予測はつきます。

その発見日は今年の11月27日とのこと。

そもそもは、この目標を発見すること
ではなく、C/2016 U1 (NEOWISE)
と呼ばれるネオワイズ彗星の観測の際に
副次的に発見されたようです。

ちなみにネオワイズはこちら。

NEOWISE is
the asteroid-and-comet-hunting
portion of the Wide-Field
Infrared Survey Explorer (WISE) mission.

ですが NEO は Near-Earth Object 。

地球に接近する彗星・小惑星への
赤外線探査を行う衛星計画でしょう。

と、講釈が長くなりましたが続けます。

そして。
2016WF9 はこういうもの。

 直径  0.5 - 1km
 地球への接近距離  約5100万km

ここで、地球と月の距離は 384,400km

それと比較すれば安全圏内に地球があるか?
どうかは察することができます。

51,000,000/384,400 = 約 132.7

つまり、地球と月の距離の約 132.7 倍
ところを通過するのです。

宇宙全体から見ればとても接近している
ことになるかもしれません。

が、地球から見れば大丈夫でしょう。

いわゆるぶつかるような危険性はない様子。

そして、2017年の2月25日に接近する
とあります。

これなら夜空を見ながら安心して宇宙の
想像空間を歩けそうです。

と、徒然に思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ブラッド ムーン
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。