ISUグランプリの【スケートカナダ】は10月28日に始まる! 日本も「羽生結弦」「無良崇人」選手始め選りすぐり5名が向かう!

この記事は3分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

2016年ISUグランプリ
スケートアメリカは終わりましたが
次はスケートカナダです。

まもなくですね。

2016年のISUグランプリ大会

スケートアメリカ シカゴ 10月21~23日
スケートカナダ ミシサガ 10月28日~30日
ロステレコム杯 モスクワ 11月4日~6日
フランス杯 パリ 11月11日~13日
中国杯 北京 11月18日~20日
NHK杯 札幌 11月25日~27日
ファイナル マルセイユ 12月8日~11日

※ これからココ!赤いところ。

それでは今回も2日前に徒然に思うこと。

スポンサードリンク

スケートカナダ フィギュアシングル

スケートカナダが28日から始まります。
オンタリオ州のミシサガです。

※ 昨年はレスブリッジ

それでは早速、日本選手も参加予定の
フィギュアスケートシングル種目の
エントリーメンバーを見てみます。

このようになっていますね。

《男子シングル》

1  Patrick CHAN  カナダ
2  Liam FIRUS  カナダ
3  Kevin REYNOLDS  カナダ
4  Han YAN  中国
5  Michal BREZINA  チェコ
6  Daniel SAMOHIN  イスラエル
7  羽生 結弦  日本
8  無良 崇人  日本
9  Alexander PETROV  ロシア
10  Grant HOCHSTEIN  米国
11  Ross MINER  米国
12  Misha GE  ウズベキスタン

※ 敬称略


男子は今のところ(26日現在)
12名の選手がエントリー。

ちなみに昨年の上位3名はこちら。

1 パトリックチャン
2 羽生 結弦
3 村上 大介

(パトリックチャン Patrick CHAN)
※ 敬称略

今年もパトリック・チャン選手と
羽生結弦選手の戦いになるのか
興味ありますね。

ですが
無良崇人選手も侮れません。

何と言っても2014年の1位ですから。
(ケロウナ)

この両選手名を見た時
日本は相当勝ちに向けて力を入れている!

それは間違いないでしょう。
・・と、僕のひとりごと。

続いて
女子シングルはこのようになっています。

《女子シングル》

1 Alaine CHARTRAND カナダ
2 Kaetlyn OSMOND カナダ
3 本郷 理華 日本
4 宮原 知子 日本
5 永井 優香 日本
6 Dabin CHOI 韓国
7 Nahyun KIM 韓国
8 Evgenia MEDVEDEVA ロシア
9 Elizaveta TUKTAMYSHEVA ロシア
10 Joshi HELGESSON スウェーデン
11 Mirai NAGASU 米国

※ 敬称略


女子は今のところ(26日現在)
男子より1名少ない
11名の選手がエントリー。

男子同様に昨年の上位3人を見てみます。

1 アシュリーワグナー
2 エリザベタトゥクタミシェワ
3 永井 優香

(アシュリーワグナー Ashley Wagner)
エリザベタトゥクタミシェワ Elizaveta TUKTAMYSHEVA
※ 敬称略

アシュリーワグナー選手は
今年はスケートアメリカで1位です。

スケートカナダには不在の様子。

ということは順当に行けば
エリザベータトゥクタミシェワ選手と
永井優香選手の1位争いでしょうか。

いやいやわかりませんね。
自分で言って否定するのも変ですが・・。

宮原知子選手は2014年の同大会では
3位なのです。(ケロウナ)

また
本郷理華選手は昨年の中国杯では2位。

うん?

・・・・・
過去歴を挙げるときりがなくなりますね。
皆さんすごいから。

こうなってくると始まってみないと
わからないということでしょう。

でも、期待度は高くなります。

それにしても
錚々(そうそう)たる選手たちです。

当然・・
世界の強者を選ぶのですから。

ということで
日本選手の健闘、活躍を祈念したいものです。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。