2016年ISUグランプリ【スケートアメリカ】男子ショートプログラム結果出る! 宇野昌磨選手1位・・追随する米国選手を押さえる!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

ISUグランプリのスケートアメリカ。
女子から男子に目が移っています。

こちらも徒然に思うこと。

22日には男子フィギュアシングル
ショートプログラムが行われたとアリ。

結果はすごいですね。
宇野昌磨選手1位です。

今回のエントリーは10人ですが
日本人は1人なのです。

スポンサードリンク

ともかくも
追随する米国選手はじめ
競合する9名を振り払って

まずは前段トップで折り返す!
というところでしょう。

ISUのTwitterを見ると宇野昌磨選手の顔がアップで。
親しみを感じる表情でしょう。

成績結果はこのとおりです。

1 宇野 昌磨 日本(89.15)
2 Adam RIPPON 米国(87.32)
3 Jason BROWN 米国(85.75)
4 Nam NGUYEN カナダ(79.62)
5 Sergei VORONOV ロシア(78.68)
6 Timothy DOLENSKY 米国(77.59)
7 Jorik HENDRICKX ベルギー(76.62)
8 Boyang JIN 中国(72.93)
9 Brendan KERRY  オーストラリア(71.62)
10 Maxim KOVTUN ロシア(67.43)

※ 敬称略

(9月の時点でエントリーしていた
日本の村上大介選手と
カザフスタンのDenis TEN選手は
競技に参加せず。)

上位3選手の数字だけを見ると
結構肉薄しているようにも見えます。

ですが
1ポイント以上の差をつけて

2位のアダム・リッポン選手を
(Adam RIPPON)
引き離しての堂々たる1位です。

是非ともこの勢いで
次のフリースケーティングも
最善を尽くされることを
・・祈念したいもの。

ちなみにフリースケーティング時の
競技実施順はこのように・・。
(ISUのページから)

1 Maxim KOVTUN ロシア
2 Brendan KERRY  オーストラリア
3 Timothy DOLENSKY 米国
4 Jorik HENDRICKX ベルギー
5 Boyang JIN 中国
6 Nam NGUYEN カナダ
7 Sergei VORONOV ロシア
8 Adam RIPPON 米国
9 宇野 昌磨 日本
10 Jason BROWN 米国

※ 敬称略

ということで
宇野昌磨選手は9番目のようです。

大いに期待したいものです。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 日馬富士 引退
  2. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。