廃棄カツ横流し産廃処理業者ダイコー倒産!9億の負債・・金融機関も結構貸すね! 倉庫臭くなる?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も思うことを並べてみます。

まずは廃棄カツ横流し容疑で大きくクローズアップ
された産廃処理業者。
「ダイコー」が倒産していたようです。

テレビで見ていると、結構ふてぶてしく映っていた
ので余計に許し難いものを感じていましたが、いざ
倒産となるとちょっと可哀想でしょうか。

いやいや、そんなことを言ってはいけないですね。

倒産云々ではないのです。
廃棄カツ横流しがいけないのですから!

こういうことをすると、社会から糾弾されるよ!
ということが大事なわけで倒産したから、云々では
ないでしょう。

しかも、倒産してオワリとはいかないのです。
業務の性格上、生もの、いわゆる腐敗、腐る!
これが結構現地では大変なことになっている。
そうした話も生まれているようです。

これから夏に向かうわけですから。
当然異臭を放つわけで近隣住民はとてつもない迷惑
を受けるかもしれない。

しかし、きちんとやりな!と言ってもお金がない。
倒産ですからね。
何とも悩ましい状態でしょう。

となると結局、行政の出番ということで公金を用い
後片付けになるのではないでしょうか。

最後の最後まで、多くの人に迷惑かけていくのでし
ょう。

また、話は倒産そのものに向けてみますと。
その原因は 2月と 3月に手形不渡りを出していた!
これのようです。

つまり、銀行と取引ができなくなったことが倒産に
つながることになったようですね。

これはある意味、自業自得と言えるでしょう。
横流し事件によって信用がなくなった!
産廃処理業者として相手をしてくれる取引先がなく
なった。
そして、業務的に成り立ちにくくなった。
そういうことでしょうからね。

もっとも、事件の発覚以前から経営に問題があった
ともあります。

問題があったからこそ悪さをしていた?
そういうことかもしれませんけど。

ただ、それがあだになって最終的には会社がダメに
なった!
そのようにも見えます。

要は、起死回生の悪さがとどめをさした?
皮肉な結末です。

アト気になるのは 9億円の負債です。

この金額には驚きますが、結構ですね。
銀行を始めとした金融機関も太い金額まで面倒見て
あげていたように映りますね。

どの銀行が該当しているのか、それはわかりません。
ですが、産業廃棄物処理業者は儲かる時は儲かるの
でしょうか。

もしかすると、金融機関の資金融通先として手堅い
分野の業種かもしれませんね。

ということで、一抹でも気の毒かな!
と思ったりしましたがやっぱりダメダメです。

悪いことはダメです。

ダメ!

ゴミになるものが弁当屋のおかず材料になる!
スーパーに並ぶ!

こういうことは嫌でしょう。
普通の人は・・ですね。

今回も徒然に思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. トカラ 群発
  2. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。