噴火した口永良部島の新岳ってどこ?

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク

ラビカリです。

今回は薩南諸島の玄関口と言える島で起きた
出来事について話を持ってみます。

はじめに
話の主体は過去歴からよく承知されている
口永良部島

この島で昨日、比較的大きな火山活動が確認された
わけです。
・・と、ザクッと広げると、こんな感じですね。

続いて
ここは霧島火山帯の一翼を担うかに映るところ。

さっと地図を広げると

「なるほど」
と意識は向かいます。

連なっています。

● 霧島山
● 桜島
● 開聞岳
● 薩摩硫黄島
● 口永良部島
● 口之島
● 中之島
● 諏訪之瀬島

ちなみに口永良部島は地図で表した赤丸部分。
新岳

そして、気象庁のもたらす情報から
少々、細かいところに触れますと
29日夕方17:13ころ、同島の新岳が噴火!
火砕流とともに噴煙も約4000mの上空まで
上った様子。

ただし
今のところ、人、家屋への被害はない!
とありますからね。
その点、まずは「ホっ」でしょう。

過去を紐解けば、大きな噴火の話は
2015年5月にも登場しています。

結構、この時も話題になっていましたよね。
その際は屋久島への避難もありましたから。

ということで
まずは目に入れた火山の噴火の話題から
思うところをチマチマですが、表してみました。

今回はショートでここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. NEM 雑所得
  2. 小笠原諸島 硫黄島
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。