今年2016年の台風16号マラカスは相当強い? 水蒸気も多く潜熱(顕熱)も大きい様子・・要注意は間違いない!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うことです。
また台風がやってくる!
これに関して。

少しずつ沖縄、奄美方面では。
何らかの影響が出ているようです。

今回は数えて台風16号、よく聞く台風委員会の
呼称ではMALAKAS(マラカス)とのこと。

16日夜 9時頃の位置は与那国島の南方約270km
北北西に向かって時速20kmの速さで進行中。

驚くのは、中心気圧が 940ヘクトパスカルです。
中心付近の最大風速45m/s。
大きいでしょう。

おそらく、もっと大きくなる様相ですから。
通過時、まず歩けないですね。
いや歩けないどころか、怖いと言った方がよい
かもしれません。

それにしてもよほど上昇気流を起こす潜熱(こ
の場合は顕熱)が大きいようです。

測りようがないので、詳細はわかりませんけど。
水蒸気から水に変える潜熱が大きいので、その
熱で暖められた下層部の空気が、上昇し続けて
いるのでしょう。

なんとか被害を出さないレベルにですね。
落ち着いてくれると有り難いのですがどうなる
ことか?

こうなってくると、当分天気予報、台風情報と
にらめっこの日々が続きそうです。

しかし、よほど南の海は暖かいのでしょう。
今年はさほど暑い夏には思えなかったのですが
自然のできごとはよくわかりません。

ところで、この台風は17日には与那国島方面へ。
その北北西を抜けて東シナ海に進むともあるの
です。

被害が出ないことを祈るばかり。
今回も徒然ながらこのように思うのです。

(オワリ)

追記 2016.9.19 21:50

19日の夜から20日の未明にかけ風速25メートル
以上の暴風域を持つ状態になるとのこと。
九州南部に接近・上陸する見込みのようです。

報道・メディアから流れるものでは、屋久島の
西北西約 130キロを時速25キロで東北東に向け
進行中とあります。
(19時から20時頃)

 中心気圧  945ヘクトパスカル
 最大風速  45メートル
 最大瞬間風速  60メートル

これは過去の経験上、歩けないでしょう。
とにかく、かなり強烈なことはわかります。

九州で被害が出ないことを。
まずはこのように思うのです。

(追記オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 皇室会議 天皇陛下
  2. 東京湾 地震
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。