トカラ列島群発性地震か? 最近多いよね! 今朝は宝島で観測!

この記事は2分で読めます



トカラ列島群発性地震

発生が多くなる予兆なのか?

以前も、何度か同じことを

お話させていただきましたが

今回も気になる・・

● トカラ列島群発性地震の発生か・・?

● 新たな変化の兆候なのか・・?

こちらへ、目を向けてみます。

その前に、トカラ列島の群発地震、5月以降に関しては、新たに表したものが当ブログにはありません。ですが、4月の群発の際には、憶測の域ながら、霧島の新燃岳との関連もよぎると表現しました。そこで、今回はそちらを意識して、再びまとめの機会を継続して持つことにします。

ともあれ、早朝から二回地震が起きています。

揺れの程度はそれほど大きくありませんが

また、来たか!

・・の感じは否めないでしょう。

ということで

今までも何度か取り上げていますが

震源の位置など発生状況から、はじめます。

トカラ 新燃岳

【項 目】
1 トカラ列島、どこ?
2 群発地震発生状況 7月3日
3 まとめ

トカラ列島、どこ?

トカラ 新燃岳

出典:国土地理院ホームページ
http://www.gsi.go.jp/
地理院地図加工

群発地震発生状況 7月3日

今回、起きた箇所はこのあたり。

プロットしたところ。

二年前を含めて

過去ほとんど、同じところでグラグラですね。

3日04時58分   M3.1 震度1
3日05時03分  M2.6 震度1

※ 気象庁情報、NHKなど各報道から

まとめ

今回は、まだ続くのか、これで終わりなのか

それはわかりませんが。

最近の発生状況から、しばらくは

発生するたびにウオッチしていきましょう。


とにかく、二年前の年明け以後

頻繁に起きた群発性の発生を思い起こすと

再び、同様な発生の流れになるのではないか!

と想起しても、おかしくはないでしょう。


それを僕が語っても仕方がありませんが

つい、日頃の意識、備えは

必要と思ってしまうわけです。

島の方々は、十分承知と思いつつも・・。


ほかに気になる点は、冒頭でも触れましたが

霧島山の中ほどの『新燃岳(しんもえだけ)』

標高1,421mほどの山です。


活火山として知られており

かつ、ちょっと前は活動が顕著と言われたもの。


最近はあまり聞かないようですが

報道にないからと言って

静まったわけでもないでしょう。

ですから、意識はします。


● 3月1日、火山性微動が見られ噴火

● 同月6日には火口内に溶岩

● 降灰も鹿児島空港へ

● 8日、火口に溶岩が満ち

● 9日、溶岩流出

こんな姿もあったのです。


そのため、何らかの関連の可能性を

頭に描いてもおかしくはないでしょう。

要は、霧島火山帯で

新たな動きのはじまりの予兆ではないのか?

・・と。


そこで、発展してトカラ列島も

その火山帯の影響にあると思うと

「どうかな?」

となるわけです。

霧島火山帯
阿蘇山をはじまりとして、霧島山・桜島・開聞かいもん岳・トカラ列島に流れる火山帯

杞憂で終わればよいのですが。

毎度おなじみの言葉を発して恐縮ですが

「ちょっと、こわいなあ!」


ここまでです。

お付き合い、ありがとうございました。

失礼します。

(終わり)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

スポンサードリンク



ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。