オバチャン、韓国から密輸金塊の運び屋で奮戦! 中部国際空港に到着、御用へ!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

ラビカリです。

今回は愛知県の主婦が行った金塊密輸の件に関して
少々思うこと。
6月1日逮捕へ。
※ レコードチャイナの記事(2日)から。

はじめに、主婦のオバチャンたちですが
日本人かと思っていたら違いました。

愛知県に住居を持つ韓国籍の人たちなんですね。
早い話が在日韓国人ということ。

基本、報道に表れたものを手繰っていますので
間違いはないと思いますが
人数は5人でチャレンジした事件のようです。

そして、動機は小遣い稼ぎ!
軽いノリだったのかもしれません。

でも、悪いことですから。
ダメです・・よ。

近々の過去事例としてはこちら。

5月24日も密輸事件、韓国人4人に続くもの。

結構、大胆な感じですが、韓国には金塊がいっぱい
あるのでしょうか。
不思議です。

ところで、どうして露見してしまったのか
報道を見る限り、税関の職員が見破った!
とあります。

「さすが、税関職員」
ということでしょうけど。

見つけたことをほめるよりも
お仕事ですから

むしろ
仕事キッチリの姿勢を讃えるべきでしょう。
と、横道にそれましたが

ここで、持ち込み、密輸の一例を表すと
こんな感じみたい。

まず、オバチャンたちに渡す、運ばせる側は
香港で金塊を買い求めて
そして、それら金塊を韓国の仁川空港へ!
(仁川:インチョン)

続いて、オバチャンたちは、金塊を受け取り
中部空港で降りてから
日本での受取人に渡す手順であったようです。

そこで
報酬額はどうかと思い、チェックすると
オバチャンたちには
100万単位の利益が生まれるとあります。

「それだと、やめられなかったのかなあ」
と思ったり。
(「利益」表現がよいか、考えますが。)

【今回の内容】
密輸金塊30kg
約1億3000万円相当

同時に
オバチャンたちはしたたかに映ります。

下着の内側にポケットを作った!
そこに金塊を入れていたのです。

「絶対、持ち込んでやる!」
その決意はよく伝わります。

いわゆる『運び屋』根性をしっかり持っていた!
報道記事から、十分察するのです。

でも
税関をそのまま通り抜けるとダメなんです。

課税を逃れる行為にあたります。
早い話が脱税です。

「それはいけないのですよ、オバチャン」
と何気に言いたくもなりますが
目が『お金』に変わっているでしょうから
聞く耳持たぬかもしれません・・が。

で、Mission failed へ!

また
警察はこの5人だけで終わりとは見ていない
ともあります。

韓国にいる仲間を国際指名手配へ。

ということは
かなり前から、この動きを泳がせ
追跡していたのかもしれません。

それにしても、今、日本国内では
金の需要が大きいのでしょうか。

そのあたり、ちょっと気になりますね。
何に使用するためなのか・・?

ところで、話変わりまして
かつて、ポッタリジャンサと呼ばれる
オバチャンが下関や釜山で洋酒やらタバコを
規制枠を超えて

持ち運んでいた!
小銭を稼いでいた!

そんな話がありましたけど。

今回はそれの金塊版ということでしょうか。

密輸と言う視点では
どちらもよろしくはないけど。
昔のオバチャンの方が
いささかなりとも可愛げのある範疇かも。

金塊密輸で数100万円の儲け、稼ぎは・・ねえ。

と、まとめにならない言葉を付けましたが
これで終えることにします。

今回はここまでです。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 訴訟 再婚禁止期間
  2. 文春 不買
  3. 3万円 年金生活者
  4. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。