山手線車両への防犯用監視カメラの設置は埼京線 1号車だけでなく全車両へ! 痴漢抑止と同冤罪の防止に繋がればイイネ!

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク




こんにちは。
今回も徒然に思うことです。
電車に据え付ける監視カメラに関して。

いよいよというか。
ようやくというかですね。
山手線内に防犯目的の監視カメラが設置されると
あります。

もうすでに、かつてよく利用した埼京線でも設置
されていましたから。
(ただし、埼京線は車両ごとではありません。)
(大宮方面1号車の運転台寄りのみです。)

都内の山手線が「まだやっていなかったのか」と
ちょっと驚きの部分もありますけど。

山手線 カメラ

何はともあれ、これで痴漢行為の抑止とか。
同冤罪の発生防止につながればよいですね。

ただむやみやたらに撮られて肖像権はどうなる?
という話もありますが、この場合は公共性という
のか、公益(こうした表現でよいと思いますが。)
が優先されるでしょうね。

自由の制限という面もあるかもしれません。
でも、今やコンビニに行ってもしっかり撮影され
ていますからね。

スポンサードリンク


まあ、監視社会と言えばそれまでですけど。

犯罪の被害者、あるいは冤罪になる可能性は誰し
も持っているわけです。
そのためには必要な機能かもしれません。

ちなみに、山手線の防犯の監視カメラは車両 1台
あたり 4基設置とあり、ドア上部の運行情報など
の表示部分横に据え付けられるようです。

細かいことをさらに追うとですね。
電車運転中は常続的に撮影録画が続き、保存期間
は 1週間単位が基本のようです。

また、映像を見る人は限定するとありますけど。
このあたりは人間が行うことですからね。
どうなるかわかりませんが、良識を信じるしかな
いでしょう。

ともあれ、よき社会になることを望みたいですね。

今回も徒然ながらこのように思うのです。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 東京湾 震源
  2. NEM 雑所得
  3. 世相 雑学
  4. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。