経済産業省の推す【プレミアムフライデー】の趣旨はいいけど! プレミアムな土日・休日サービス残業の人はいない?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うことです。

2月24日から始まったとされる。
プレミアムフライデーのこと。

これって、基本的にですね。
僭越ながらも気分の問題と捉えるのです。

早く職場から引きあげてもそのアト何もない!
という思いがあってこそ!
成立するような気もしますけど。

政府、経済産業省は定着化に向けて動き出し
ていますが、どうでしょう。
一部は浸透しその恩恵に浴する人たちも出て
くると思います・・けど。

この手の話は得する人!
という表現はよろしくないかもしれませんが
いつも定時で、退社・退庁するような人には
ですね。

人目をはばかることなく利用できる試みかも
しれません。

でも、いつも会社・企業、組織を支えている
ような人には返って、恩恵に浴する者の仕事
まで抱え込みそうな気もしますね。

大概、土日の休日サービス残業が多いところ。
これも現実にはあるわけで、この試みのおか
げで、土日・休みの見えないところで「働く
お父さん」が増えるのではないでしょうか?

杞憂に終われば良いのですけど。

プレミアムフライデー サービス残業

というのが、プレミアムフライデーを聞いた
時の思い・・。

ということで雑感から始めましたけど。
経済産業省のホームページ等からその考えを
もう一度拾いあげてみます。

趣旨はこのような感じです。

個人がですね。
「幸せだなあ」「楽しいなあ」と思える外食
買い物、観光などの時間を作ってあげよう!
というもののようです。

これ自体は素晴らしい考えですね。
そして、続きます。

これによって、充実感・満足感を実感可能な
生活スタイルをつかむ機会にしたい。
あるいは地域コミュニティの機能強化や一体
感を育む機会につなげたい。
さらにはデフレ的傾向を変えていくきっかけ
という考えもあるようです。

3つ目は正直「そうなのか」という程度にしか
わかりません。
けど、そういうものなのでしょう。

で、具体的にどうするかと言えばですね。

月末の金曜日に行い、全国各地で業種にこだ
わらずに実施するとのこと。

ただ、経済産業省のホームページでは明確に
時間は示されていないようです。

ただ、働き方改革の流れでしょうか。
巷では午後3時(15時)に仕事を終える方向。

要は給料日前に「パーッ」と散財してね!
ということでしょうか。

そう捉えていくとですね。
必ずしも国民の多くが楽しく、金曜日の夕方
近くからの時間を楽しんで欲しいというもの。

でも、なさそうです。

もちろん、楽しく過ごしてもらうこと。
それはやぶさかではないでしょう。

ただ、むしろそれよりプレミアムフライデー
という大義名分を与えますから、お金をどん
どん使う機会として活用してください。

そういうことなんでしょう。

ですので、冒頭で気分の問題などとですね。
表してしまったのです。

まだ、第1回目と言える2月24日が過ぎただけ
ですから。

プレミアムフライデーの評価を早々と出すの
は早計と思いますが、これから様々な方のご
意見が表れるものと、興味深いものが出るの
では?と、なにげなく妙な心持ちです。

ちょっと意地悪な見方ですけど。
経済産業省の担当者も大変なのに・・。

ということですけど。
今回も徒然ながらも思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 共産党 人殺し
  2. NEM 雑所得
  3. 世相 雑学
  4. 東京湾 地震
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。