「森友学園」土地取得! 財務省の売却価格判断等の参院予算委での野党質疑を見て! 誹謗中傷、印象操作かな?

この記事は3分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うのです。
国有地の土地取得で揺れる「森友学園」につ
いて。

これは以前も2回ほど触れましたけど。
新たに明らかになって出て来る土地取得時の
経緯を見るとですね。

いわゆる、コンニャク持ってきたとか。
ですね。

確かに、ちょっとどうかな?
と思う部分もあります。

ただ、教育理念あるいは教育の方向性。
これの受けとめ方は人、それぞれでしょうけ
ど。
間違ったものには見えないだけに何か、残念
な気も合わせてするのです。

そこで、土地取得に関連したものを取りあげ
てみます。

細かい、質疑・答弁はインターネットの参院
中継ページを見た方が早いので、やり取りは
割愛しますが、大きな流れで思うところをい
くつかですね。

昨日 6日の参院予算委員会でも大きく取り上
げられ、自民党はじめ何人かの議員が質問し
ていました。

少なくとも見ていた範囲において、その中身
厚さは別として、5人はいたでしょうか。

 西田昌司(自民)
 福山哲郎(民進)
 蓮舫(民進)
 白眞勲(民進)
 森ゆうこ(自由)

※ 敬称略

基本的に土地の金額が安い!
「森友学園」がなぜ取得できたか?
安倍首相が関係している?
首相夫人の昭恵さんが関わっている?
とした質疑というか、質問が多かったようで
すね。

また、こういう言葉もありましたね。
『忖度』

忖度 : 他人の心を推し量ること

安倍首相の奥様が名誉校長として「森友学園」
に取りあげられていた頃。
その写真・画像が「森友学園」の関係するも
のに載れば、財務省はじめ関係機関は『忖度』
せざる得ないでしょう。
ということだと思います。

まあ、本当にそうなるか、どうか。
事実としてあったのかどうかはそれはわかり
ませんが、権威に弱い人であれば「おっ、偉
い人が関わっている。」と思い、木下藤吉郎
の草履ではないですけど。
ふところで温めておこうとの気持ちになる人
がいないとは言えないでしょう。

ただ、組織としてはどうでしょうね。
組織にはアトで説明、理屈を求められること
も考えての配慮というか、アトアト面倒なこ
とになるのはイヤだという気持ちも同時に働
くでしょう。

特に、立場のある人はですね。

そこに正義感があろうとなかろうとですね。
ですから今の時代、無茶はしないと思うので
すけど。
でも、これも僕自身がそう思うだけですから。
くどいですけど、本当のところはわかりませ
ん。

ただ、基本的に「森本学園」の土地取得、財
務省の土地売却の判断に問題あり!であれば
会計検査院でしっかり調べてからでもよいと
思うのです。

会計検査院、その点はしっかり見るのではな
いでしょうか。

そして、安倍首相、夫人の昭恵さんが何らか
の形で関わっていたのではないか?
とした内容の質問が形を変え安倍首相に何度
も投げかけられていました。

これも民進党、自由党のような野党の立場か
らすれば、それぞれの党勢を増すチャンスと
捉えることは当然だと思います。

また、そうしないとそれこそ民進党はじめ野
党がよく使う『国民』から「野党は民進党は
何をやっているのか」と思われてしまうでし
ょう。

要は「ただいるだけか」の存在に映ってしま
いますからね。

ですから、疑問があればです。
先ほどは財務省の土地売却にあたっては会計
検査院の調査を待てばよし!としましたけど。
それとは別に質疑し、かつ質問していくこと
はよいと思います。

ただ、どうなんでしょう。
何か相手を貶める。
あるいは必要以上に声を荒げ、居丈高に語る
姿は見苦しいと思うのです。

森友学園 安倍首相

昨日を含め安倍首相と夫人の明恵さんを誹謗
中傷するような言動が伴うのは必要なことな
んでしょうか。

安倍首相の答弁の中の言葉にもありましたが
『印象操作』と見られても仕方がないものも
多々あると思います。

顕著なものでは、これは昨日ではありません
が、2日の同じく参院予算委員会のものです。

 自由党 山本太郎

※ 敬称略

この議員の発した「アッキード事件」はひど
いでしょう。

ロッキードとかけて世間への浸透度を高めた
かったのか、それとも単に笑いを取りたい?
その点はわかりませんが、質疑、質問でその
ような表現を使う必要はないでしょう。

森友学園 安倍首相

こんな感じで昨日までの国会審議を見てきた
のですが、今日 7日以降も複数の委員会で。
また、多くの発言が生まれるのでしょう。

ともかくも疑問に対する質疑、質問はそのた
めに場として国会があるのでしょうから。
それはやぶさかではないのです。

が、その中身は誹謗・中傷、そして印象操作
にならず、実のあるところで行っていただけ
れば嬉しいものです。

ということで、よく民進党はじめ野党の議員
さんが言われる『国民』の 1人としてですね。

そのように徒然ながらも思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 皇室会議 天皇陛下
  2. 小笠原諸島 硫黄島
  3. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。