ファミリーマート(ファミマ)の『子ども食堂』、選択肢が増えていいかもよ!

この記事は2分で読めます


※ イメージ

ラビカリです。

今回はこちら。
ファミリーマートの『子ども食堂』の話から
少々、頭に浮かぶことを並べてみます。

で、結論、別にいいんじゃないですか!
ということ。

理由は、ファミリーマートの取り組みは
『子ども食堂』に期待を持つ方々への選択肢が増え
よいと思うのです。

しかし、何でか、なぜか、よくわからないのですが
結構、批判的に語る方も多いのです。

たとえば
『子ども食堂』のネーミング・・
これを使用すべきではない!
との趣旨でよろしくないとの姿勢を示す方。

また
民間の商業ベースから迫るものではない!
との見方を持つ方。

あるいは
いわゆる市民団体が作り上げたものの方が
価値は高い(心がこもった手作り感がある?)
とかで反意を示す方。

さらには
店員の雇用賃金において、ファミリーマートが
子ども食堂を語る前の内容であるのかどうとか
語る方。

ともあれ、批判的な物言いを持つ方々は
いろいろおありの様子。

ホントは既存の組織が、今まで結構な利益を上げていたりして。そのため、ライバル出現でもっともらしい理由こさえて、妨害しているようにも見えてきますが、どうでしょう?

そこで、当のファミリーマートは
どのようにお考えか?

この点をあたると、このように表しています。

「ファミマこども食堂」の概要
● 概要:ファミリーマートの店舗スペースを活用し、近隣のこどもや保護者を対象に食事を楽しむ取り組み
● 対象:店舗近隣にお住まいのこども、及びその保護者
(小学生以上は保護者の同意があれば1人でも参加可能)
● 参加人数:約10名/回
● 参加料金:こども(小学生以下)100円、 保護者(中学生以上)400円
● プログラム:オリエンテーション/みんなとお食事(約40分)
体験イベント(約20分)
※店舗により一部内容が異なります。
http://www.family.co.jp/company/news_releases/2019/20190201_99.html

ね、どうでしょう。

営業、企業体としての思惑も・・『集客』とか
あるとは思いますけど。

でも
ファミリーマートの試みは決して悪いものではない
でしょう。

冒頭でも触れましたが、既存の『子ども食堂』と
比べて、あれこれ批判的に言葉を発するより
選択肢が増えたと思って、社会全体で見て行けば
よいと映るのです。

それにですよ。
もし、営利で問題あるかと思えば、その時
何か言えば、よいでしょうし

不足を言いたければ、使用しなければよいだけ!

もっとも
食事の内容がコンビニ弁当より格下でもない限り
そんなことは起きないのではないでしょうか。

つまり、日頃、コンビニ弁当以下の食事しか
持つ機会がなかった子供達にはよき話
と思うのです。

個人的にはこの試み、歓迎する次第!

今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 訴訟 再婚禁止期間
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

スポンサードリンク



ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。