確かにもったいない! キリン氷結のアニメCM中止の怪? 批判をした者が勝ちなの?

この記事は1分で読めます

こんにちは。
今回も徒然に思うのです。

YouTubeを見ていたらこういう者に遭遇!
知らなかったですね。

昨年の夏ごろにネット内でアニメ広告として
扱われていたもののようです。

タイトルはこうなっています。
TV Ads Kirin X TRIGGER Animation Studio

なんでも未成年もこの動画アニメを見るから
ケシカランということで放送中止へ。

でも、実際見てみるとアニメのキャラクターは
皆、20歳以上の設定です。

動画アニメを見ていたら「怪」でしょう
と、フツフツと頭にわき上がるものを感じます。

社会的な通念というか縛りでは問題ない!
と思うのですが、どうやらテレビで放送する
時は登場人物の年齢の設定は25歳以上のよう
です。

そこが文句を言いたくなった出発点らしいの
ですが、どうなんでしょうね。

正直見てもですよ。
「別に・・あっそ!」
という程度なんですけど。

これ見て騒ぎたてるほどのものでもないと
思うのです。

文句というか、批判してCM中止に追い込む!
なんか批判したら勝ちみたいなことは社会を
委縮させるだけではないかと。

こんなことを表すと「アンタの方がおかしい」
なんて言われかねないので、いやもう言われる?

ここまでで終わることにしますが、もう少し
寛容な社会でも良いような気はします。

だって、あれですよ。
今、50代、60代の日本人労働者より20代の
外国人労働者の方が受けが良い時代。

そして、生活保護費の受給率も外国人の方が
高い時代なんです。

つまり、日本は寛容社会なんです。

ですから、動画アニメも実害を伴わないので
あれば寛容でよいでしょう。

それにお酒の飲み方は家庭で躾けるべき!
・・と。

徒然ながら思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

スポンサードリンク



ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。