東京都知事 舛添要一氏の韓国人学校敷地確保への思惑から平昌オリンピック支援も考える?

この記事は3分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うことです。

東京都知事の舛添要一氏のこと。
以前からですね。
韓国に関心を強く持つ方に見えましたけど。
ここ最近より具体的に行動に移しているよう
です。

基本的に仲良くすることは大事なことと思い
ますが。
しかし、同知事の動きに関しリコール運動が
あるなどということも耳にします。

賛同者以外に反対者も多いのでしょう。

そこで、都知事舛添要一氏の最近の韓国寄り
の内容とどうして多くの都民、日本人が懸念
を抱くのかちょっと考えてみます。

舛添要一 韓国人学校

項 目

1 都知事舛添氏の思惑と矢来町
2 都民、日本人の懸念

都知事舛添氏の思惑と矢来町

まずは、都知事の思惑ですがニュース・報道
では韓国人学校用地に新宿区矢来(やらい)
町の約6,000平方メートルの土地を貸す方向。

これで韓国と協議に入るとあります。
どうも、同区の若松町にある韓国学校の増設
として考えているようですね。

ただ、これも新宿区にふんだんに空いた土地
があるのであれば何ら問題はないと思うわけ
ですけど。

かねてからですね。
待機児童対策の問題もあり、その施設用地を
求めるため関係機関は動いている中での急遽
取り決めの様子。

そして、それを置き去る形で何が何でも韓国
人学校の土地に振り向けると、都知事自らが
先導しているのです。

これでは関係各所のみならず様々なところで
反発が広がるのは当然かもしれません。

もっとも、都知事の舛添氏にも言い分はある
ようで世界の主要都市と友好を深める「都市
外交」の一環として行う!
と説明しているともあります。

ただ、外交は政府、外務省が行えば良いかと
思いますし、わざわざ地方の首長が行う必要
もないでしょう。

まあ、これは当方の感じることですけど。

さておきも都民の多くが疑問を感じ反発して
いることに対し賛同・納得を得られる兆候は
今のところはないようです。

ところで、問題の矢来町はどこか。
地図を見ると新宿区の東側ですね。
飯田橋・神楽坂の上、坂上エリアの延長方向。

舛添要一 韓国人学校

繁華街からも離れている感じですね。

となると。
待機児童対策の児童待機所・保育所にも良い
環境のように見えます。

最近の国会で民主党の山尾志桜里衆議院議員
の発言にもありましたが、安倍首相に待機児
童対策の件で突っ込んでいたぐらいですから。

「保育園落ちた日本死ね」の話

都知事もです。
国政において多くの人が期待する内容と理解
し、考え直して頂けるといいですね。

都民、日本人の懸念

ところで、東京都民、また日本人として。
なぜ、これほどまでに韓国人学校の土地貸し
出しに反発が高まるか考えてみます。

まず、その前に現状をもう一度見るとですね。
都民の代表的な理由には人口集中から、都内
で働く女性も増え、合わせて子供を預けたい
人も増えた?

だから、先ほどの待機児童所・保育所を増や
して欲しいという思いがあるようです。

要するに、土地に対するニーズが既にあると
いうことですね。

そして、視点を変えるとこのような考え方も
ある様子。

日本人の韓国、韓国人の印象。
韓国観と言えるものが悪化している!
その理由は大きいものを拾ってもこれぐらい
は出てきますね。

1

国家挙げて反日教育をしている

2

靖国神社放尿写真のネット内掲載

3

靖国神社爆破未遂

4

対馬の仏像等歴史事物への窃盗行為

5

天皇陛下への冒涜

6

竹島への侵略占領

7

海外で日本人と詐称し悪さをする話

8

韓国旅行すると日本人価格になる・・ボラれる


そして、こうした経緯から日本人は韓国アレ
ルギーになってしまった!
何か、あれこれ見ていくとあまりにも韓国の
日本への攻撃姿勢はひどいですね。

これ以上言葉にするのは避けることにします。

ただ、先ほど韓国観の悪化と表現しましたが
実態は多くの日本人は韓国と韓国人には関わ
りたくないということかもしれません。

巷(ちまた)で聞く断交。
これもむべなるかな。
と、思えたりもします。

都知事もそのあたりの話というか情報を掬い
上げて、ことに当たる方が賢明かもしれない
ですね。

まさかですよ。
2018年の韓国平昌冬季オリンピックの支援。
これまで買って出るとは言わないと思います
けど。

まずは、都民の声に耳を傾け「決めました」
ではなく、説明はした方がよいでしょう。

今回も徒然ながらこのように思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。