国民皆保険での医療が持続不能は、外国人が国民健康保険に入るからでは?

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うことです。
日本経済新聞でこのようなタイトルの記事を見ま
した。

国民皆保険による医療、医師の半数「持続不能」

概要は今後高齢者が多くなり、また医師にかかる
頻度が高いので将来の国民医療費はますます膨ら
み続け、いずれ国民皆保険はダメになる!
そうした医師の見立てを表したものです。

まあ、確かに高齢者の人口は大きくなるでしょう。
その中に僕もいずれ入るでしょうしね。
否定はできませんけど。

また、高齢になればなるほど、体の不自由になる
部位、あるいは疾患、疾病にかかる率は高くなる
と思われるので、高齢者が医療費拡大の要因と言
いたいことはわかります。

でも、一方的に高齢者云々と言われると。
今の高齢者もあまり愉快な話ではないでしょう。

かつて若い頃はその当時の高齢者を支えてきたわ
けですしね。
元凶のような表し方はいかがなものかと。

ただ、高齢者も真に必要な時に医師にかかるとの
動きが必要なこと。
それは多くの方が言葉にするように同感ではあり
ます。

かつては確かに暇つぶしに病院に向かうご老体も
いたことは知っていますから。
まあ、この点は高齢者としても気を付けるべきで
しょう。

ただ、それを挙げたとしても医療費の増大を招く
原因は高齢者が増えるから・・だけでしょうか。

一説によれば海外からくる旅行者の医療費の踏み
倒し、また外国人の国民健康保険への加入が原因
の部分もあると聞きます。

踏み倒しは論外ですが、外国人の国民健康保険は
現在「 3カ月を超える在留資格がある人」は加入
できるのです。
もちろん、条件はあります。

下記以外なら OK!
• 在留期限切れの人
• 「短期滞在」「外交」「公用」資格の人
• 「特定活動」で医療を受ける目的で入国した
人と付き添い人
• 生活保護受給者

ともかく、外国人も国民健康保険に加入へ。
今まで日本人が蓄積していた基金を消費している
可能性があるという話なのです。

特にがん治療薬は高額のため、そのために「 3カ
月を超える在留資格
」をとって来日する外国人も
少なくない
と聞きます。

ですから、この日本経済新聞の表すことも事実で
しょうけど。

外国人が日本に安易に入国し、日本人が蓄積した
基金で治療を受け帰国する事例も加味する必要が
ある
ように思うわけですね。

ちなみにこの「 3カ月を超える在留資格がある人
これは民主党政権時 2012年 7月 9日から始まっ
たとあり、それ以前は「 1年以上の在留資格を
持つ外国人であり外国人登録をしていること」が
必要条件
でありましたから。

となればです。

外国人が以前より多く日本に訪れ、国民健康保険
を使用していることは想像に難く
ないでしょう。

がん治療薬のオプジーボをバカスカ使われたら。
跳ね上がります。
日本は世界のホスピタルって感じでしょうね。
もしこれが社会問題になったらですよ。

国民健康保険は破綻、崩壊すると思っています。
だって、あほらしくて誰も払わないよ・・。

日本人が努力してもムダー!

ですから、高齢者ばかり責め立てるような話は。
賛同できないですね。

それに皆、たどる道ですから。

今回も徒然ながらこのように思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 労働基準法 残業代
  2. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。