【道南いさりび鉄道】はどうなる? 北海道新幹線の貨物時間短縮へ向かうと貨物新幹線導入の波は避けられそうにないのか?  

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

新しいうねりが起こると
既存のものにも何がしかの影響が
出るようです。

今回は北海道新幹線の
貨物利用から始まる
道南いさりび鉄道】への影響
・・について思うこと。

スポンサードリンク

北海道新幹線は貨物も・・?

元日の打ち上げ花火かもしれません?

・・が、北海道新幹線区間内において
最高時速200キロで走行できる

新幹線仕様の貨物列車を開発する!
・・との話があるようです。

ねらいは
貨物輸送を貨物新幹線化することで
より北海道新幹線を高速化。

・・2016年3月26日開業区間の
所要時間を18分短縮・・できる上
貨物輸送のスピードアップを図る!
・・とあります。

今回は
従来の検討内容である新幹線の
貨物列車内に在来の貨物列車を
そのまま積載する方式

トレイン・オン・トレイン:TOT

ではなく

コンテナを在来貨物列車から
新幹線貨物列車に直接移し
載せる方式。

この方式であれば
TOTのように台車部の重量負荷

重心高に伴う車両の不安定な
動き等の問題点は減るようです。

これが理由かどうかはともかく
国土交通省と
JR北海道・東日本・貨物の3社等が
検討を始めたとのこと。

ただし
3月開業の北海道新幹線・・
新青森-新函館北斗(約149キロ)

ここで将来
走らせるということになれば
併走する形の【道南いさりび鉄道】に
与える影響について
どのように考えているのでしょう?


北海道新幹線


このあたりの国土交通省と
JR北海道・東日本・貨物の3社の
動きに関し興味を覚えるところ。

道南いさりび鉄道株式会社

 北海道函館市を拠点とした
 第3セクター方式の鉄道


 江差線  五稜郭駅-木古内駅間(37.8キロ)



北海道新幹線

細かいところを見ると
このように表されています。

 北海道新幹線(2016年3月26日)
 (新青森駅-新函館北斗駅)の
 並行在来線として
 JR北海道(北海道旅客鉄道)から
 経営分離となる江差線を
 管理運営する鉄道会社

・・とあります。

北海道新幹線
社名はイカ釣り漁船の漁火を
もとにしているとのこと。

そして
江差線はこういうもの。

江差線

かつては

 JR北海道の
 五稜郭~木古内~江差(江差町)
 79.9キロを結ぶ路線
 木古内-江差42.1キロは
 2014年5月11日で既に廃止


ここまでで確実視できるのは
2016年3月26日に
JR江差線の名称の鉄道は
なくなるということ。

しかしながら
北海道新幹線の貨物化の
実用化は2020年前半とあります。

ですから
今年2016年に直で
道南いさりび鉄道】に
跳ね返ってくることもなさそうです。

それにしても
新しい事業体の立ち上がりさなかで
検討とはいえ
その生業を奪うかもしれない・・

国土交通省と
JR北海道・東日本・貨物の3社の
動きに対して・・

どのようなビジョンがあるのか
疑問を持つような声も・・。

ということで
北海道新幹線に貨物新幹線導入の
報道を見て【道南いさりび鉄道】に
思いを持ったところです。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。