ハロウィンは暴れず、騒がず、魔女やお化けなどに仮装するだけではダメ、渋谷も?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


ラビカリです。

今回はハロウィンに関して
渋谷で軽トラをひっくり返す騒動を見て
思うこと。

ほかに
痴漢で逮捕されたりとかもあった様子。

腐ったリンゴ効果なんていう人もいました。
(悪い奴が一人いると、皆に悪さが伝搬へ!)

さらい、先日(28日)の騒動から
騒動自体を問題視するだけでなく
その影響で、渋谷において生業稼業を持つ方も
困っている様子。

おそらく
今日(31日)もそうかもしれません。

暴徒に店を襲われる?
極端にしても、そんな心配もあって
営業時間へ少なからず考慮が必要となる
・・のではないでしょうか。

早く店を閉めたり・・とか。

また
路上が異様に混雑したり

(ツイッター見たら
よくわかるものが目に入りました。
引用させていただきます。)

スポンサードリンク


ゴミが多量に散らかったりして
その余波は翌日以降も
引きずるかもしれないでしょう。

実際、ゴミは多いとも聞きますよ。

そもそも、基本と言いましょうか
暴れること自体が外れた行為であり
本来、ハロウィンって
暴れる行為ではないですよね。

元来はこういうもの。

毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事。(ウイキペディアから)

そして
現在は、おとなし気な、慎ましやかな行事
と思いますけど。

よく、このように言われますよ。

子どもが魔女やお化けなどに仮装して近隣の家庭から、訪問した際、お菓子をもらったりすること。

ツイッターで見たこの行為こそ
正統派でしょう。
(よき画像と思うのです。)

ですからね。

仲間うちで集まり、お酒など飲んだりして
騒ぐだけ、騒ぎたいだけの人たちには
向かないのかもしれません。

今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 沖ノ島 福岡
  2. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。