9月1日は「防災の日」、東京では交通規制の訓練も! 救助救援の初動態勢確立へ、頼もしい限り!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク



こんにちは、今日は防災の日です。
9月1日ですからね。

特に、東京に目を向けて見ると。
朝からいろいろと行われたとあります。

基本的に対象は地震ですね。
そのあと生じると思われます津波、これらに備えた
防災としての訓練の実施へ。

そして、東京23区内に震源を置いてですね。
マグニチュード M7.3 の想定で行ったとあります
から、相当な揺れが生じると予測されるでしょうし。

隅田川などを津波が遡ってくることも、当然考えら
れるでしょう。

激しい状況が想定されます。
ちなみに想定した揺れの大きさは震度 7とあるので
これはもう!
日常の生活環境の維持は無理と判断してもですね。
よいでしょう。

そのためか、安倍首相始め大臣クラスは歩いて首相
官邸に集合して会議に臨んだとあります。

まあ、これは意気込みというか、気構えというので
しょうか。
それを表しただけと思いますけど。
実際にそのような行動していたのでは、救助・救援
活動の指揮はできないと思いますので。
然るべき対応の処置策は別にあるのでしょう。

閣僚とそのスタッフの集合要領とか・・ですね。
スタッフがいないと、閣僚が判断するための情報が
集まらないでしょうから。
その点も考慮されているのか・・と。
思います。

それにしても、報道から表れる画像を見る限り。
多くは消防の隊員さんの姿が多いですね。
もちろん、警察、自衛隊の関係者というか。
隊員さんも映っていますけど。

どうしても、防災というと、救命救助が先にきます
から、消防を連想することになるのでしょう。

また、そのほかに、都心、都内のみではなく。
警視庁が高速道路でも交通規制訓練を行ったようで
すね。

場所は中央道、八王子付近の様子。
その他、環状 7号線も該当するようです。

やはり、首都直下となれば、道路網に与える影響も
軽視できない様子。

防災の日 交通規制

関係機関である警察はじめ、国土交通省も参加して
緊急車両などを通すための交通規制をかけたとあり
ます。

実際に救助救援と言っても、そのための交通路確保。
これはとても大きなポイントでしょう。
このように震災直後の各種機能の確保を図る訓練は
震災直後の先を考えることもできますしね。

また、いざという時の心構えも持てますから。
歓迎すべきものと思うのです。

今回も徒然ながらこのように。では。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。