2016年12月9日 【トカラ列島 】 小宝島近海 8日の群発地震続く? これで4日から5日間連続発生!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク



12月9日の朝、昨日から薩南諸島トカラ列島で
起きている地震について思うこと。

規模が小さいながらも連続発生していましたが
深夜の零時台にて震度1以上を数えるものは
見られなくなったようです。

まずは一安心?

項 目

1 12月9日の発生状況
2 TEC概観(06:00頃)
3 九州、沖縄の他の地震
※ 追記アリ

スポンサードリンク

12月9日の発生状況

いつものとおり、トカラ列島の位置・場所。
この地図の赤丸で囲ったところ。

トカラ 小宝島

出典:国土地理院ホームページ
http://www.gsi.go.jp/
地理院地図加工

1 9日00時01分頃

 震度2 M2.6  N29.2度/E129.2度

(深さ10km)

2 9日00時05分頃

 震度1 M2.5  N29.2度/E129.2度

(深さ10km)

3 9日00時09分頃

 震度1 M3.1  N29.2度/E129.1度

(深さ10km)

4 9日00時16分頃

 震度1 M2.6  N29.2度/E129.2度

(深さ10km)

5 9日00時18分頃

 震度1 M2.8  N29.2度/E129.1度

(深さ10km)

6 9日00時21分頃

 震度1 M2.4  N29.2度/E129.1度

(深さ10km)

※ 気象庁情報、NHK報道等から。

震源は5-8日とほぼ同様。
緯度経度から小宝島近海。

気象庁のデータ(数値)だけを見れば範囲が
収束というか狭まってきた感じアリ。

トカラ 群発

発生時間と地震の規模

ほぼ同一震源の様相、日付が変わりましたから
管理上別稿仕立てにしました。

8日から継続しているものでしょう。

 発生時間  地震の大きさ
 9日00時01分頃  震度2 M2.6
 9日00時05分頃  震度1 M2.5
 9日00時09分頃  震度1 M3.1
 9日00時16分頃  震度1 M2.6
 9日00時18分頃  震度1 M2.8
 9日00時21分頃  震度1 M2.4

TEC概観(06:00頃)

TECマップを見ると9日の06:00頃は
8日ほどの激しい赤色表示はない様子。

ただし、これは比較の話。
赤色表示はシッカリ出ています。

傾向としては、北海道、東北方面において
赤色部分は多いので、こちらにもしかすると
地震発生があるのかもしれません。

南西諸島方面は8日と比べれば明らかに少なく
見えます。

でも、赤色がまったくない・・わけではない様子。

九州、沖縄の他の地震

06:00 頃では、日付が変わった以降の発生は
ないですね。


というような状況に見えますが
まずは 06:10 現在、希望的な観測ながらも
06:00 以降の地震発生は収まる?

・・ようにも見えます。

それにしても、まるで余震のように思えたので
ちょっと気持ち悪い!

安寧が一番です。

(オワリ)

追記 2016.12.9 12:20

1つ関連があるのかそれは不明ですが
トカラの地震発生が小康状態になってから
南太平洋で地震が起きています。

それもかなり大きいのです。

ソロモン諸島 マキラ島西方海域

発生時間(日本時間)
2016.12.9 02:38:46

S10.7度/E161.4度 M7.8
震源の深さ 41km

(追記オワリ)

追記 2016.12.23 23:20

12月10日にも1回発生アリ。

10日18時18分頃

 震度2 M3.8  N29.2度/E129.3度

(深さ16km)

後発の気象庁情報では30秒の間に
2回発生している模様。
そのうち大きい方を丸くして表記。

(追記オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  3. 共産党 人殺し
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。