【宮城県沖】地震の発生頻度の高いものは震度「1」「2」多し! 大きいものを呼ぶ・・発生確率を上げる要因?

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



今回も地震のこと。
この類のことは気になり出すと止まらない
のです。

先日、少々時間をとって地震に関してお話を
聞く機会がありました。

その際、多くの人はうなづくだけしかない
のか、首を上下に振るばかり。

ですが、一部の人には起きた時は仕方がない。
淡々と受け入れるしかない!とのこと。

まあ、確かにそう言えばそうなんですが
それではやや身もふたもない話。

やっぱ、そういう感じで受け止める人もいる
のかと思いつつ・・。

起きた後の対応も必要でしょう。
ある程度の知識は必要では?・・と思うのです。

ということで、今年も発生数が多く見える
宮城県沖地震を1月1日以降拾ってみます。

ここで大きい揺れがあれば関東に影響が
あることは想像できますからね。

また、宮城県には原子力発電所もあるのです。
いつものとおり徒然に思うこと。

2017年1月4日 12:30 現在

項 目

1 2017年1月1日以降の発生
2 宮城県の原子力発電所
3 徒然ながらも思うこと

2017年1月1日以降の発生

この地震は平成29(2017)年になったから
起き始めたというものではありません。

以前から頻度多く起きていたところです。

 宮城県沖地震

それだけにやや怖いものも感じるのです。

震源をやや別としながらも2011年3月11日に
起きた地震では関東まで確実に大きな揺れを
もたらしましたから。

やはり、ここで起こる地震も常日頃から意識!
これをしておく必要はあるのでしょう。

と、神経質かもしれません。
ですが、揺れを感じるとそうした気持ちに
なるのです。

とにかく、地震は意識しない時に起きる?
不意をつかれますから。

1 1日05時45分頃

 震度1 M3.7  N38.5度 / E141.7度

(深さ60km)

2 1日07時05分頃

 震度1 M3.2  N38.9度 / E142.3度

(深さ40km)

3 3日20時54分頃

 震度1 M4.0  N38.7度 / E142.3度

(深さ40km)

4 3日21時13分頃

 震度2 M4.2  N38.7度 / E142.3度

(深さ40km)

5 4日11時55分頃

 震度1 M3.4  N38.4度 / E142.0度

(深さ20km)

M:マグニチュード

以下 追記 2017.1.5 20:30

1 5日17時34分頃

 震度2 M3.3  N38.9度 / E141.7度

(深さ60km)

※ 気象庁情報、NHK報道等から。

震源は座標位置として異なるものの
ほぼ同じような海域の様子。

震源の深さの変化をどう捉えるべきか?
このあたりも気になるところ。

宮城県沖 地震

出典:国土地理院ホームページ
http://www.gsi.go.jp/
地理院地図加工

宮城県の原子力発電所

女川原子力発電所

宮城県牡鹿郡女川町と石巻市との境に
あります。

 電力事業者  東北電力
 原子炉タイプ  沸騰水型軽水炉
 原子炉基数  3基(1号機-3号機)

特性は発電機タービンを回す蒸気と
原子炉の冷却系が一系になっていること。

営業上、必要に応じ東京電力に売電。

現在は定期検査中。
(基本的に東北地方太平洋沖地震以後)

営業運転はしていないのです。

徒然ながらも思うこと

4日も震度1ですから、今眼前に何か迫った!
ということでもありません。

が、昨年も含め常に若干のsin-cosカーブを
描くように揺れが起こるのです。

この海域で起きたら次はどこに派生する?

地震がどのようにつながっていくなどと
考えたりもします。

所詮、思いつく程度のもの。
基本的に詮無き状態ですけど。

ですが、それでも先日の地震対処のお話を
聞いてからはより意識が高くなった?!

少なくともこんな感じですね。

小さいものが大きいものを呼ぶ?
発生確率を上げる要因なのか?
・・と。

徒然ながらも思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 地震 トカラ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。