昨日は鹿児島湾の地震! 今日は鳥取中部はじめ日本列島各所で、震度3を含め何度も揺れがある様子!

この記事は2分で読めます



こんにちは。
今回も徒然に思うことです。
鳥取県中部を震源とした地震に関して。

昨日は鹿児島市で震度 5強の揺れを観測したとあ
りましたが、今日も日本のあちらこちらで震度 3
の地震が起きています。

鳥取中部、宮城県沖(いずれも震度 3)・・と。
(それ未満では茨城県南部、千葉県東方沖ですね。)

地震国だから仕方ないとは言え、落ち着かないも
のです。
ところで、今日は。
中でも鳥取県中部、倉吉市近くを震源とした地震
が、比較的数多く発生しています。

これで何か大きな被害が出た!
あるいは今後起こるかもしれないとされる大きな
地震の予兆と言ったものは現れていませんが。

一日に震度 1を超えるものを四つも数えると。
いささか気にはなるのです。

うち一つは震度 3ですからね。

地震 鳥取

※ 国土地理院ホームページから。
地理院地図を切り取り、加工作成。

 発生時刻  12日07時36分頃
 震源  N35.4度 / E133.9度
 最大震度  1
 マグニチュード  2.6
 震源の深さ  浅い
 津波  なし
 発生時刻  12日10時24分頃
 震源  N35.4度 / E133.9度
 最大震度  1
 マグニチュード  2.1
 震源の深さ  浅い
 津波  なし
 発生時刻  12日11時15分頃
 震源  N35.4度 / E133.9度
 最大震度  1
 マグニチュード  2.2
 震源の深さ  浅い
 津波  なし
 発生時刻  12日13時35分頃
 震源  N35.4度 / E133.9度
 最大震度  3
 マグニチュード  3.3
 震源の深さ  浅い
 津波  なし
 発生時刻  12日18時33分頃
 震源  N35.4度 / E133.9度
 最大震度  1
 マグニチュード  2.3
 震源の深さ  10km
 津波  なし



震源の位置はほぼ同じ。
しかも、とても浅いとあります。
また、かつて同地域はよく揺れが発生しています。

その際も同様の位置であまり変わらないとも。

ただ、比較的人口密度が低い地域。
現在のところ、人々が多く住む状態ではありません。

だから、心配はいらない!
ということではありませんが、緊急時の避難場所。
また、そこへ至る経路の確保は大都市と比べると。
容易と思われますので、まずはそこからでしょう。

ともあれ、常に関心を持ち続け、備えはしたいもの。
やはり絶対はないでしょう・・から。

今回も徒然ながらこのように思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ダイコー ココイチ
  2. 皇室会議 天皇陛下
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

スポンサードリンク



ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。