2017年1月13日の震度3の地震を見て思う! 千葉県北東部と会津にかけて何かある?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク



今回は地震について徒然に思うことです。

突然ですが、以前何であなたは地震のことに
触れたがるのですか?

と、問われたことがあります。

その時回答した言葉がこれです。

「怖いから」

そうなんです。
単純に頭の中に、脳裏に焼き込んでおきたい
から拾っているのですね。

質問した方がおっしゃったとおり、気象庁
あるいは報道機関が表すものを見たらわかる!
ことばかり。

基本的に誰でも調べれば今の時代わかります。

ですけど、一杯あってわかりづらいことも
あるのですね。

だからと言って僕のを見たらわかりやすい!
というわけでもないのですけど。

僕のようなちょっと関心のある人が
つまみ食い的にでもわかれば、良いかな!
とこさえたのがここでの地震関連の話。

スポンサードリンク

と前置きがとても長くなりました。

1月13日も意識に残る地震が関東から東北に
かけて起こっているようです。

震度3の地震のこと。

千葉県北東部 会津

出典:国土地理院ホームページ
http://www.gsi.go.jp/
地理院地図加工

1つは福島県会津地震。

13日08時41分頃

 震度3 M3.4  N37.4度 / E139.7度

(深さ10km)

もう1つは千葉県北東部地震。

13日12時25分頃

 震度3 M4.8  N35.7度 / E140.6度

(深さ50km)

この2つを見ていくつか頭に浮かぶのです。
もちろん過去の流れも考えてのこと。

まずは会津のものは比較的浅く千葉県のものは
50kmと結構深いのです。

これらが地下でつながっている?
このあたり同じ深さではないことから
連鎖的な関連性は過去を見る限り小さい
かもしれません。

ですが、会津のものは浅いだけに今後もその
隣接している部分で起こるかもしれませんし
なんと言っても茨城県の北部で起きた地震の
深さと似通っています。

このあたりが気になるところでしょう。
揺れが行ったり来たりしている・・?

昨年の12月28日に起きた茨城県北部地震も
同程度の深さ。
これを思い出すのです。

12月28日21時38分頃

 震度6弱 M6.3  N36.7度 / E140.6度

(深さ10km)

一方、千葉県北東部は深さが50kmだけに宮城
福島、茨城に連なる地域に生じた震源の深さ
から関わりがアリとも思えてきます。

というか、徐々に首都圏まで降りて来た印象
ですね。

もっとも、これは日ごろの発生状況を見て
個人的に思うだけであり、専門家は当然然る
べき形で判断をしていると思いますけど。

ただ予測したところで発生が当たった話も
聞きませんので、日々の変化をもとに心の
備えをすることも必要ではないか・・と。

そのような観点で見ているのです。

ということで、日々気にしていることを
言葉に並べてみました。

今回も徒然に思うのです。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。