伊豆大島近海(伊豆半島東方沖)の地震に気を揉む? 7月24日の00:59以降・・最大震度3ながらも群発して発生!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うことです。
伊豆大島近海の地震に関して。

かつてからですね。
地震発生の可能性が取りざたされる伊豆大島周辺
の海域で、7月24日00:59分以降。
群発的な地震が発生しているのです。

現在は揺れが最大深度 3とあり、報道・メデイア
で大きく取り上げられるほどの被害はない様子。

何ぶんにも連続しての発生ですからね。
群発地震の姿に見えることから、不気味な怖さを
感じるのです。

項 目 

1 7月24日の伊豆大島近海の群発地震
2 震源は・・? 

7月24日の伊豆大島近海の群発地震

電離圏の電子数を表すTECマップを見る限り。
特に今回の地震に関係と思われるものはないよう
です。

伊豆大島近海(伊豆半島東方沖)の揺れ

発生時間 強さ(M) 最大震度 震源深さ
24日00:59 3.3 3 10km
24日01:02 2.3 1 10km
24日02:32 2.9 2 10km
24日02:36 2.7 2 10km
24日02:44 3.4 3 10km
24日06:37 3.1 2 10km
24日06:39 2.5 1 10km
24日07:09 2.2 1 10km
24日07:29 2.6 2 10km
24日11:12 2.8 2 10km
24日11:14 2.3 1 10km
24日13:17 2.3 2 10km
24日13:54 3.8 3 10km
24日13:59 2.5 1 10km
24日20:16 2.5 1 10km
25日04:29 2.5 2 10km
25日14:20 2.1 1 10km

※ 気象庁データによるもの。

震源は・・?

震源を見ると、深さ10km、それ未満と結構浅く
ほぼ同じ場所のようです。

伊豆大島 地震

今のところ、13:54頃に最大深度 3を数えるもの
が発生した後、13:59の震度 1の発生を認めるだ
けで比較的落ち着いた状態に見えます。

 発生時間  震源
24日00:59 N34.8度 / E139.3度
24日01:02 N34.9度 / E139.3度
24日02:32 N34.8度 / E139.2度
24日02:36 N34.8度 / E139.3度
24日02:44 N34.8度 / E139.2度
24日06:37 N34.8度 / E139.3度
24日06:39 N34.8度 / E139.3度
24日07:09 N34.8度 / E139.2度
24日07:29 N34.8度 / E139.2度
24日11:12 N34.8度 / E139.2度
24日11:14 N34.9度 / E139.3度
24日13:17 N34.8度 / E139.2度
24日13:54 N34.8度 / E139.2度
24日13:59 N34.8度 / E139.3度
24日20:16 N34.9度 / E139.3度
25日04:29 N34.8度 / E139.2度
25日14:20 N34.9度 / E139.3度

※ 気象庁データによるもの。

ここで、過去の発生状況を見ますと。
2007年 7月20日に震度 3以上の地震が 5回発生。
2006年 4月には21日から22日にわたり、同じく
震度 3以上の地震を 5回数えているようです。

また、直接同海域での地震の影響によるものか。
それはわかりませんが、伊豆大島の三原山の噴火
(1986年)、伊東市沖の海底噴火(1989年)も
あったとありますので、気は抜けないでしょう。
何はともあれ備えは必要ですね。

今回も徒然ながらこのように思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。