トカラ列島7月4日の群発地震発生以後の状況は? 小規模ながら同震源を中心に生じている様子!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うことです。
トカラ列島の群発地震に関して。

7月 4日の群発地震発生後も10日、11日、18日
23日と小さいながら起きているのです。
(2016.7.24 現在)

でも、群発に見えるのは11日だけ。

項 目 

1 7月4日群発地震発生アトの状況
2 震源は? 

7月4日群発地震発生アトの状況

強震モニタ(NIED)では特に目立つものはない
のです。

規模(M): マグニチュード
震度  : 最大震度
深さ  : 震源(地下)

※ 左から右へ並びます。

10日08時20分頃

 M2.6  1  10km

11日05時05分頃

 M2.5  1  20km

11日08時37分頃

 M3.1  1  10km

18日23時09分頃

 M3.8  1  80km

23日21時54分頃

 M3.4  2  10km

震源は?

震源を見ると深さに差はありますが、ほぼ同じよ
うなところですね。
過去と比べても大きな違いはないように見えます。

以前も同じことを表しましたが。
もしかすると。
何か地震の巣と呼べるものがあるのでしょうか。

 日時  震源の位置
 10日08時20分頃  N29.3度 / E129.1度
 11日05時05分頃  N29.2度 / E129.2度
 11日08時37分頃  N29.2度 / E129.1度
 18日23時09分頃  N28.3度 / E128.8度
 23日21時54分頃  N29.2度 / E129.1度

トカラ列島 群発地震

ただ、7月18日に発生したものは最近の震源から
やや離れています。

(下の方)

トカラ列島最南端の上根島、横当島の西方海域で
発生しているように見えます。

こうなるとですね。

過去も同様の震源で発生があることから。
トカラ列島、薩南諸島、さらには南西諸島全体が
震源域かもしれないですね。

まあ、何を今さら!といったことですけど。

そして、7月24日は伊豆大島近海でもですね。
規模は小さくとも群発地震が起きています。

で、ついネガティブに捉えて、何かの警鐘と捉え
てもおかしくない?と頭が向くことに。

何やら人々を扇動するような表現ですけど。
つい、不安をですね。
感じるということ。

できる備えはしたいものです。

今回も徒然ながらこのように思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。