南海トラフと関連なのか? 群発地震の多い鹿児島県の薩南諸島「トカラ列島」! どこかと・・地図を見ると大きくは12の群島だ!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

薩南諸島「トカラ列島」!

今回はトカラ列島の地震から島々に関して思うこと。
まずは南海トラフとの関わり、地図を見て、線をたどると、確かに沖縄トラフの深い部分にあたるかに見えてきます。

そこで、このトラフを九州までつなぐ島々、トカラ列島の島々はどんなものか。
あたってみます。

トカラ列島 地震

項 目

1 トカラ列島の姿
2 どう映る?

トカラ列島の姿

はじめにトカラ列島の位置と各島を拾い上げるとこんな感じでしょう。

基本的に、南西諸島に属し鹿児島県の薩南諸島を構成する島嶼群。

トカラ 薩南諸島

最初は一番北の島から、有人・無人の区分、次いで面積・周囲の長さ。

口之島

 有人島
 13.33km²(20.38 km)

鹿児島に近く比較的人口は大きいようです。
でも、100名を超える程度。

中之島

 有人島
 34.47km²(30km)

以前はここに村役場があったのです。
でも、現在は鹿児島市。

人口は列島内最大。
ですが200名は数えない様子。

続いて南に下るとこの島が現れるようです。

臥蛇島

 無人島
 4.07km²(9km)

小臥蛇島

 無人島
 0.5km²(2.5km)

平島

 有人島
 2.08km²(7.23 km)

諏訪之瀬島

 有人島
 27.66km²(27.15 km)

諏訪之瀬島は中之島に次に大きい島、火山島ですね。
御岳と呼ばれる火口があり、噴火は報道でよく伝えられます。

さらに南へ向かうとこの島が登場です。

悪石島

 有人島
 7.49km2(12.64km)

小島

 無人島
   -

小宝島

 有人島
 1.00km²(4.74km)

宝島

 有人島
 7.14km²(13.77km)

宝島は有人島の中でもっとも奄美大島に近い。

もうちょっと南へ、向かいましょう。

上根島

 無人島
   -

横当島

 無人島
 2.76km²(10.2 km)

トカラ 薩南諸島
(フェリーから見た横当島方向)
※ 島の大きさはウイキペデイア等参照。

どう映る?

ともかく、トカラ列島は一般に次のように言われるのです。

鹿児島県鹿児島郡十島村を構成、でも、村の役場は今は鹿児島本土。

そして、表記はトカラの片仮名だけではなく、立派にとても難しい「吐喝喇」の文字もあります。

また、奄美大島にいると、鹿児島県の天気予報には、当たり前ですけど。
奄美の範囲として映るので意識はします。

ここから余談中の余談とも言えますが、鹿児島港、あるいは奄美大島の名瀬港で連絡船「フェリーとしま」を見かけます。

トカラ 薩南諸島

1週間に2便ですから、3日で鹿児島港-名瀬港を往復する勘定でしょう。

ですので、これに乗れば有人 7島をめぐれます。

また、島の人口は基本数十人から百数十人規模、島の経済の姿も推して知るべし。
ですから、島で何かを求めたり購入したりすることは、基本考えない方がよいかもしれません。
ましてや、一度に多くを求めると島の人から小言が出るかも。
まだ、経験はありませんけど。

これは個人が多くを買い求めるとですよ。
船の輸送に頼るところが大きいことから、欠航した際、生活必需品など品薄になる恐れがあるのです。

まあ、郷に入れば郷に従えでしょう。
過去の思い出から、少々、表してみました。
では。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  3. 労働基準法 残業代
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。