14日21:26頃、熊本県熊本地方でM6.4の地震発生、最大震度7・・余震多し! バヌアツの法則と関連があるのか?

この記事は3分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

はじめに熊本地震で犠牲になられた方々の
ご冥福をお祈りいたします。
また、救命救助ならびに復旧支援活動が迅速に
進捗することを望むものです。

熊本県熊本地方で、地震が発生したとのこと。
余震の多さと規模の大きさに驚くばかりです。
(阿蘇山の活動との関連性はない様子。)
追記 2016.4.16 本地震は『前震』扱い!
・・との評価もアリ。

項 目

1 熊本・・地震発生
2 余震状況
3 バヌアツの法則との関連は?

熊本・・地震発生

4月14日21:26頃、熊本県熊本地方で地震発生
規模等は次のとおりとあります。

 6.4M
 後日修正M6.5

※ M:マグニチュード

揺れについては九州はじめ中国地方西部
四国西部まで及んでいるとのこと。

 最大震度7

また、震源は比較的浅く余震が継続中。

 震源地下約10km
 後日修正約11km

ただし、津波の発生はなし、よかった。

また、この時点では大規模な火災、爆発に
関する被害情報はないとのこと。

余震状況

今回の地震、余震が頻繁に見られますので
そちらも追っていくと

15日00:15 現在でこのように表れています。

熊本県の熊本地方の震度3以上

 発生時間 M 震度 深さ
発生時間:日時
M : マグニチュード
震度:最大深度
深さ:震源の深さ(地下)
 14日21:37 3.9 4 10km
 14日21:42 4.9 4 10km
 14日21:53 4.0 4 10km
 14日22:00 3.0 2 10km
 14日22:03 3.3 2 10km
 14日22:07 5.7 6弱 10km
 14日22:09 4.3 4 10km
 14日22:16 4.2 4 10km
 14日22:19 3.3 3 10km
 14日22:22 4.6 4 10km
 14日22:26 3.6 3 10km
 14日22:31 3.3 3 10km
 14日22:38 5.0 5弱 10km
 14日22:43 4.3 4 10km
 14日22:47 3.5 3 10km
 14日22:51 3.5 3 10km
 14日23:00 3.3 3 10km
 14日23:28 4.4 4 10km
 14日23:43 5.0 4 10km
 15日00:03 6.4 6強 10km
 15日00:13 3.9 3 10km

※ 気象庁情報参照  
続きはその後の余震状況にて。

スポンサードリンク

バヌアツの法則との関連は?

一部の人の話では近々日本で地震が起こる
かもしれない・・とささやかれていた?

権威はともかく『バヌアツの法則』と呼ばれる
ものです。

南太平洋オーストラリア東方海域のバヌアツで
マグニチュード6以上の地震が発生した場合。

同じ規模級の地震が数日後~3週間くらいの間に
日本でも地震が発生するというもの。

しかも、発生確率は6割程度アリ?!

ここで、バヌアツの過去10日ほどの発生状況を
見るとこのとおり。

 発生日 時刻 M
 4月3日 17:23 6.9
 4月6日 15:58 6.7
 4月7日 12:32 6.7

バヌアツも地震の発生頻度が高い様子。

これ以外にマグニチュード6未満の発生も
いくつかあるとのこと。

そこで、過去のバヌアツと日本との関わりを
取り上げてみますと

比較的新しいものではこちら。

 バヌアツ発生
 マグニチュード
 日本発生・範囲
 マグニチュード

1

 2015年2月
 M6.4
 2015年2月・宮城県沖
 M4.9

2

 2015年10月
 M7.1
 2015年10月・福島県沖
 M5.5

ただし、これは傾向として取り上げたもの。
『バヌアツの法則』と合致しているかは不明。

それでも、バヌアツで地震が起きると日本も
地震が起きる?

何らかの関わりを感じさせるには十分かも
しれません。

ともかく、おさまることを祈るものです。

防災科学研究所の強震モニターにて。
九州に続いて東北にも変化が出ているので
正直怖いところ。

15日00:26
駿河湾南方沖にもM4.8の発生アリ。

(ツヅク)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 日本第一党 ロゴ
  2. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。