震源・・トカラ列島「小宝島」近海の地震 2016年発生状況は? フィリピン海プレートの沈み込み・・どう見る?

この記事は3分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

トカラ列島「小宝島」近海の地震

今回も徒然に地震のことを考えます。

トカラ列島 地震

項 目
1 トカラ列島の地震
2 2016年の発生状況(2月14日現在) 
3 この状況をどう推し量る?

トカラ列島の地震

世相を見るというより事実の認識をします。
また、トカラ列島小宝島近海にて14日の朝も地震がありました。

2月14日06時44分頃

 震度2 M2.7
 N29.2度 / E129.3度
 小宝島近海

(震源の深さ10km前後)

このあたりは周知のことながら、フィリピン海プレートがユーラシアプレートとぶつかり合い(沈み込む)、南海トラフの地震とも関連性が高いとの話が耳に入ります。

また、今回と連続ではないのですが、つい数日前、11日未明にもありましたからね。
発生頻度の高さが気になります。
ちなみに11日のものは7回の連続性の地震。
これをたとえにこの界隈は地震が多いのです。

あまりに頻繁に起こるので2016年の発生状況を見てみましょう。

2016年の発生状況(2月14日現在)

気象庁情報などに目を通すと次のように表れています。
当然ですが震源はトカラ列島近海、多少ばらつきはあるものの通じて次のとおり。

N29.3度 / E129.1度

このあたりで起きています。

トカラ列島 地震

では、先ほどの2月14日以外の2016年の発生状況を並べてみます。
いずれも気象庁の最新データを確認したもの。

ただし、緯度、経度は丸くしています。
並びは発生日時の新しい順です。

2月11日(連続7回)

 04時25分頃  震度1 M2.5
 04時21分頃  震度1 M2.7
 03時57分頃  震度2 M2.2
 03時46分頃  震度2 M2.9
 03時36分頃  震度1 M2.1
 03時32分頃  震度2 M2.8
 03時26分頃  震度1 M1.9
 N29.2度 / E129.2度
 小宝島近海

(震源の深さ10km前後)

2月6日

 22時40分頃  震度1 M2.6
 N29.3度 / E129.2度
 小宝島近海

(震源の深さ13km前後)

2月3日(連続12回?)

 07時48分頃  震度1 M2.0
 07時41分頃  震度1 M1.5
 07時19分頃  震度2 M1.8
 07時19分頃  震度2 M2.2

(07時19分頃は2回発生の様子)

 06時59分頃  震度1 M1.6
 06時56分頃  震度1 M1.5
 06時54分頃  震度3 M2.3
 06時54分頃  震度3 M2.7

(06時54分頃は2回発生の様子)

 06時49分頃  震度1 M1.9
 06時48分頃  震度1 M1.5
 06時46分頃  震度1 M1.9
 06時44分頃  震度1 M1.6
 N29.3度 / E129.1度
 小宝島近海

(震源の深さ10-14km前後)

2月2日

 20時00分頃  震度3 M3.1
 N29.3度 / E129.5度
 悪石島近海

(震源の深さ16km前後)

1月22日(連続5回)

 17時30分頃  震度1 M1.8
 17時25分頃  震度1 M1.7
 07時26分頃  震度1 M1.6
 05時23分頃  震度1 M1.8
 05時19分頃  震度2 M1.9
 N29.4度 / E129.3度
 小宝島近海

(震源の深さ10km前後)

1月14日

 08時24分頃  震度1 M2.1
 N29.5度 / E129.7度
 悪石島近海

(震源の深さ10km前後)

1月13日

 06時30分頃  震度1 M2.1
 N29.3度 / E129.2度
 小宝島近海

(震源の深さ10km前後)

1月1日

 11時32分頃  震度1 M1.7
 11時27分頃  震度1 M1.6
 11時20分頃  震度1 M1.8
 N29.2度 / E129.3度
 小宝島近海

(震源の深さ10km前後)

とにかく、年明けアトの2016年は多いのです。
特徴の1つは大きい地震ではなく小さい地震が多い。

また、被害を及ぼす津波が生じていないことが幸いです。
トカラ列島 地震

この状況をどう推し量る?

素人の僕が言葉にしても重みはないのですが、この海域はフィリピン海プレートがユーラシアプレートとぶつかり合う(沈み込む)場所なのです。

ですから、フィリピン海プレートの活動が随所で活発?と、つい想像は膨らむのです。
また、他方「種子島」でも2月14日の11時00分頃(震度1 M2.7)に地震が起きています。
関連性が気になるところです。

ところで、最近は電離圏(層)の電子数を表すTEC値が地震の発生との関わりを持つ!とされ、これを意識する人達も増えているようです。
僕もその一人。

それもあり、最近はこのNASAが提供表示するリアルタイムのTECマップを見ながら地震への意識が高まるのです。
そして、これを見る限り今日は動きに激しさがない様子。
取りあえずは一安心でしょうか。

ともかく、常に意識だけはしたいのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 共産党 人殺し
  2. 世相 雑学
  3. 防衛大学 ブルーインパルス
  4. 10連休 5月1日
  5. 地震 トカラ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。