共産党市議の自衛隊学校への『殺人練習』学校呼ばわり! 撤回したらしいけど! 言葉は選んだ方がいいのでは?

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



共産党の人は太鼓に安倍総理の顔を張り付け
叩いて奇声を上げたり、直情的な言動
そして、行動がお好きなようです。

今回は市政の場で起きた愚かな発言!

項 目

1 共産党市議会議員の発言
2 高等工科学校とは?
3 共産党員に疑問?

スポンサードリンク

共産党市議会議員の発言

思想・信条について、社会規範を犯さず
社会へ不快感を与えないものであれば
その発言等は自由に行っても構わない!

と思っているのですけど。

今回の報道で聞くものはひどいです。

話は、神奈川県横須賀市の陸上自衛隊の
高校教育と自衛官の人材育成を行う学校。

その「高等工科学校」に対するもの。

何と貶める発言を埼玉県上尾市議会で生じた
とのこと。

大体の流れはこういうものです。

 共産党市議が
 議会で広報誌へ
 陸上自衛隊
 「高等工科学校」の
 生徒募集掲載に関し
 中止要望を行い
 人を殺す練習を
 している学校

・・と発言していた!

高等工科学校とは?

 高等工科学校

これは関係機関のページを見ると
このように表されています。

1

陸上自衛隊の学校

2

陸曹の養成
(3等陸曹-陸曹長の階級の自衛官)

3

学生は自衛隊の定員に含む「自衛官」では
なく、防衛大学校及び防衛医科大学校の
学生と同様の定員外扱いになる防衛省職員

※ 同校ホームページから

共産党員に疑問?

どうして、こういう発言に繋がるのか
不思議です。

政治家はこんなに簡単に思ったらすぐ感情を
含めて、言葉にできるものなのでしょうか?

この市議さん、ご自身が発した言葉が
どのような影響を与えるか、考えない?

アトから撤回という話もあるようですが
基本的にアウトでしょう。

この言葉で政治家に不信感を持ったり
傷ついた人もいるでしょう。

共産党ゆえ、各国の同名の党の歴史を通じて
突拍子もないことをする先入観もあります。

・・けど。

ですが

 人としてどうかな?

ということでしょう。

共産党には多いタイプでしょうか。

ともかく、この発言は市議会で行われた
ものであり、何人いたのかわかりませんが
その場にいた多くの市会議員も耳にしていた!

そして、何を感じたのか?
気になるところ。

違和感をその時感じなかったのでしょうか?
不思議です。

普通、他者を誹謗中傷するネガティブな表現は
話し合いの際は使わないと思うのです。

特に、「殺人」などという言葉は。

にもかかわらず「殺人の練習学校」などと。

常軌を逸している!・・でしょう。

極めて、感情的に聞こえる話です。

この方、選挙を経て当選して市議になって
いるわけですから、当然、同市民の中には
清き一票を投じられた方はいるわけですね。

それは獲得票に見合った数だけ、同様の
思いを持っている人達の存在アリ!

つまり、この市議さんの発言の裏には
そうした背景もあり、言っても大丈夫!
と慢心・・のできごとでしょう。

結構、根は深いようです。

ところで、確かに自衛隊を見る限り武器を
持つと思います。

ただ、この市議さんのイメージとは異なり!

自衛隊は日本国政府の意思のもと日本を守る
ために機能している!
と、捉える方が普通の感覚でしょう。

日本を守るためにそのプロセス下において
最終的にかつ究極的な方策として持っている
武器を使う!

そして、好戦的な国の戦闘意欲を減少させる
ために、武器の使用があり得るかもしれない
ということでしょう。

それでも受け入れ難く広報誌に載せたくない
のであれば、それなりの周囲が納得する
穏当な理由を考えること。

それが賢い市議、政治家と思いますが
どうでしょう。

そうすれば、共産党のように腹の中は何を
考えているのか得体のしれない不気味さを
持つ政党も・・。

今回のようなできごとは少なくなると思います。

ということで

 言葉は選ぶべき!

徒然ながらも思うのです。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 東京湾 震源
  2. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。