【天皇陛下】の譲位、退位は一代限りの言葉もあるが! 国民生活への影響「システム改修」への配慮は感じる!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回もお相手よろしくお願いします。

時間が経つと忘れがちですが、天皇陛下の
譲位について徒然ながらも思うのです。

項 目

1 天皇陛下の譲位
2 国民へのご配慮

天皇陛下の譲位

つい数日前、譲位後の称号を毎日新聞社が
誤りを報道したとして世間の指弾を受けて
いたようです。

きっと、天皇陛下は心休まらない日々を
お過ごしでしょう。

こういう状態をまさに「宸襟を悩ます!」
もう少し気配りのある空気を作りたいもの。

ところで、先の報道においては天皇陛下の
譲位に当たって、具体的な案が政府筋の話と
して挙がっていたようです。

もう一度、頭にあるものをアウトプットして
みるとこのようになるのでしょう。

 譲位  在位30年を節目
 新元号  平成31年1月1日開始
 関連法案国会提出  5月以降



ただし、元日は天皇陛下御自身が多忙な
日であることもあり困難との話もある様子。

(こちらが行事として新たに加わるのです。)

 【剣璽等承継の儀】
 三種の神器等引き継ぎ
 【即位後朝見の儀】
 三権の長等初拝謁



また、譲位は「一代限り」
と考える方針とあり皇室典範に取り入れるに
しても改正は最小限になる模様。

ただ、譲位の日時は政令によって定めると
あって、法で縛るようなことはしない
とあります。

また、皇室会議を経て閣議決定への流れも
あります。

政治的に天皇陛下を利用している?
そのような姿に映らないように腐心している
のでしょう。

また、冒頭で触れた譲位後の呼称は『上皇』
で検討しているとあります。

というような現在の譲位をめぐる状況のよう
ですが、また反対する人たちもいる様子。

それがこちら。

 民進党
 共産党
 自由党
 社民党

いつものメンバーというと語弊はありますが
何か不満があるようです。

基本、彼らは皇室典範を改正、譲位を恒久
制度化したいとのこと。

日ごろ無視をしているような面々が言葉を
発するので奇異に感じる部分が大きいの
ですが、こうなると天皇陛下も心安まらず!
というところでしょう。

今年はこの件でも野党の皆さんが不毛な
行動を起こしそうで庶民の自身まで穏やか
ならぬものを感じます。

と、ここまでは国体に関するもの。

国民へのご配慮

今度はその国体の変化の影響。
それは何かと頭をひねってみます。

すると、かつての2000年問題のような
システム改修に関するものが生じそうです。

ですが、多くの場合、期限を設けた譲位は
ありがたいと感じるものでしょう。

ただ、2年という期間が十分かどうかは対象
となるシステムによって違いがあるかも
しれません。

とはいえ、譲位という行為が国民生活への
影響を最小限に留める!

この天皇陛下のご配慮。

この御心はよくわかるものです。

そして、システム改修の話に移ると宮内庁の
マターではなく基本的に総務省の担当域へ。

そのように捉えます。

すると、マイナンバーを含め総務省の動きが
今後活発化するかもしれないですね。

何はともあれ、これからも新たな動きが
生まれるでしょうし、譲位も契機の1つ
として社会が良き方向に活性化すると
嬉しいですね。

今回も徒然ながら思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 3万円 年金生活者
  2. 東京湾 震源
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。