日本維新の会の丸山穂高議員の離党は何か残念な気はしますね!

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク




こんにちは、今回は政治の世界を見てみます。
少々残念と思うものを一つ。

日本維新の会の丸山穂高議員の離党のこと。

おそらくは、追い詰められた感じがしたのでしょう。
別に離党までしなくてもよかったと思うのですが。

でもね。
本人は結構耐え難いものがあったのかもしれないですね。

もっとも、丸山穂高議員がすべてにおいて、正しいとも
思いません。
ただ、諭すにしても、たしなめるにしてもですよ。

なぜ、SNSを使って。
この場合はツイッターですね。

それを使わずとも、口頭でも、電話でも、他の手段で行
えばよかったかも・・と、思うのです。

ツイッターだと不特定多数の人にやり取りが見られます
から。
仮に「しまった、まずかった」となっても。

要するに反省の意を持ったとしてもですよ。

媒体の性格から叱責の内容によっては、叱責と受け取り
たくなく、反発してしまうことも考えられるでしょう。

スポンサードリンク


つい、自らを防御するするために必要以上に言葉を発信
してしまうこともあるかと。

ですからね。
そこは諭す、たしなめる側にも配慮があっても、よかっ
たように思うのです。

今の状態だと、橋下徹氏もよろしくない印象が生じます
から、同氏に丸山穂高議員を貶める意図はなかった!
と思うだけにですね。

両者が残念な方向に流れていくように映ります。

趣旨は言葉の使い方を「もう少し考えよ」でしょう。
ツイッターでのやり取りを見る限り。
そのように伝わりますから。

少なくとも、当初は。

もう少し、年長者は寛容さを持って・・ですね。
そして若い人は謙虚さを少々、身に付ければ済むのにと。

維新 丸山穂高

政治を傍から見て、あれこれ言って申し訳ない気もしま
すが、そんなことが頭に浮かぶのです。

今回も徒然ながらこのように。
では。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  3. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。