日本維新の会の足立康史議員に触れたユーチューブ動画を見て思うのです!

この記事は1分で読めます

ラビカリです。

今回はタイトルどおり。

日本維新の会の足立康史議員に触れたユーチューブ動画を見て思うのです!

対象はこれなんですけどね。

僕は足立康史氏に対して
「勇気あるなあ」
と思っています。

なぜなら、ここで取り上げる動画の内容と
直接関係はないのですが

今の日本、中国とか、韓国とかに向かって
両国のことのネガティブな部分に声を発すると

「まずいのかなあ」
なんて雰囲気があるじゃないですか。

テレビだって、中国、韓国のことを悪く言う
コメンテーターっていないでしょう。

別に、進んでケンカする必要もないわけですが
どちらかと言えば、両国に対し、日本が控えめ
かつ、謝る姿勢を持つと「よし」みたいな
空気を感じるので

そんなさなか

立憲民主党とか、共産党とかを相手に
声を大きくして、持論を発して
「大丈夫かな」
と素朴に思うのです。

立憲民主党は蓮舫氏とか帰化した議員がいて
外国に顔が向いている?
なんて話がネットの中でありますし

どこか、野党全体
日本の政党なのに日本の将来を考えた発言が
あるように映らないと感じるわけですが

とにかく
今の日本が考えるべき重要な点に触れた
と思うのですよ。

外国籍から帰化した国会議員の過去歴を
国民が知る権利とか

そして、外国には普通にあるとされる
スパイ防止法の整備とか

「よく言ったよね」・・の感じが増すのです。

世間に疎い、政治に疎い僕ですが
今回は紹介した動画ほかを見て
いろいろと考えるのです。

と、個人的な存念を表し

今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

スポンサードリンク



ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。