NHKを見たくない人の権利を守る!・・世の中の新しいうねり?

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク

ラビカリです。

今回はNHKを見たくない人には朗報に映る
と思われる話題です。

『NHKから国民を守る党』
と呼ばれる政治グループがありますが

こちらが来たる参議院選挙に向けて
立候補者を41人立てる!
(比例代表4人、選挙区37人)
と発表していました。

公約が興味深いです。

スクランブル放送を実現し、NHKの受信料を払わない人への電波を止める。NHKを見たく人の権利を守る」

とあるのです。

確かに、世の中にはNHKを見ていないのに
「なぜ、聴取料、受信料を払わねばならないのか」
と疑問に感じている人もいるわけですから

スクランブル放送であれば
「俺(私、僕、わたし)見ないし、見ていない」

だから

「受信料、払いません」
と言えるかもしれません。

また、世間でよく言われる
力づくで強制的とされる受信料の取り立てが
なぜ許されるのか

そこに至る諸々の疑問を一般国民に代わって
国会で質疑質問を行ってくれるかもしれません。

そのため、こういう政治グループの人が
国会に存在しても「よいかな」と思ったりも
しています。

そして、実際
『NHKから国民を守る党』は地方選挙では
実績を持っているとのこと。

先の統一地方選後半戦(4月)では
しっかり有権者の支持を受けいている結果が
出ています。

26人当選

これを考えれば、少なからず世の中には
『NHKから国民を守る党』を必要とする(としたい)
人たちがいるのでしょう。

であれば、その背景から
国政でも頑張ってもらえばよいのではないか
と思う次第。

今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  3. 松前 北朝鮮
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。