北朝鮮・ロケットマンの強気とトランプ大統領のツイッター「残るは一つ」から! 「嵐の前の静けさ」は労働党創建記念日前の今かも?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク



こんにちは、この三連休は晴天が後半を占めたせいか。
多くの人々があちらこちらへと移動したようです。

かくいう僕も昨日8日にはぶらりと山梨方面に向かいま
したが、何とも世間は穏やかです。

ただ、ちょっと海外の報道に目を向けると。
ありますね。
北朝鮮の動きを警戒する話のこと。

この手の内容はあまり関心を持つ方はいませんから。
ここであげても仕方がないかな!
と思ったりもしますが、それでも僕がここで表したもの
を見て、さらに詳しい方の記事を見るきっかけとなれば
と。

ちょっといい人になろうとですね。
気取って続けますと。

7日、北朝鮮はですね。
平壌で朝鮮労働党中央委員会総会を開いたとあります。
その際『核戦力建設』は正しく、核と弾道ミサイル開発
は今後も続ける考えを明らかにしたとのこと。

ロケットマン・金正恩委員長はやる気ですね。
これからも米国との対峙の姿は維持するのでしょう。
困ったことです。

10日は朝鮮労働党創建記念日ですからね。

と思っていると、今度は米国でもトランプ大統領のツイ
ッター発言が注意を引き付けている様子。

Presidents and their administrations
have been talking to North Korea for 25 years,
agreements made
and massive amounts of money paid

hasn’t worked,
agreements violated before the ink was dry,
makings fools of U.S. negotiators.
Sorry, but only one thing will work!

これを見た人はすぐわかると思うのですが。
一応、粗っぽくでも表してみますと。
こういうことでしょう。

かつての大統領とその意向を受けた担当は25年間も。
北朝鮮と話をしたり、約束ごとを作ったけど。
その挙句、多くの金も払ったけどさ。
効き目がなかったな。
約束ごとを書いたインクが乾く前に、交渉担当者が馬鹿
にされただけさ。
残念だが、残る技は一つしか効かないだろう。

スポンサードリンク

トランプ大統領、最悪の事態をかなり身近に捉えている
のかもしれません。

また、他でもトランプ大統領が米国の高級軍人を集めた
会食時の記者会見の言葉が頭に浮かぶのです。

「嵐の前の静けさだ」

米国、これ以上、北朝鮮のわがまま、好き勝手な行動を
させる考えはない!
との、最終的な意思表示でしょうか。

今まで、長く北朝鮮を牽制してきた感じはありますが。
いよいよかもしれないですね。

ちなみに新聞、ネットから伝わるものを掘り起こすと。
北朝鮮の潜水艦搭載SLBMの発射可能性があるとか。
あるいは平壌近くの工場から運び出された火星12・14
の弾道ミサイル発射があるとか。

さらには米国のほぼ全域を狙える火星13も見込みの話と
して挙がっているようです。

とにかく、暴走の危険と対する警戒と反撃の動きがある
ことは想像できるでしょう。

ということで、行楽も大事もですが、世界の動きにも。
ちょっと関心を持った方がよいかもしれないですね。

もっとも「僕に何ができるの?」という声があることも
わかりますけど。

ところで、全然話は変わりますけど。
今、首都圏、外国人が多いです。
昨日乗った中央線、欧米系の人、続いて中国人、韓国人
フィリピン人と思しき人が目に入りましたね。

中には合法的に入国していない不良外人もいるかもしれ
ませんが、それでも外国人がいるということは。
一応、今の日本は外国から見ると、安全なのでしょう。

国の安全を考える尺度になるのか、どうか。
それはわかりませんが。

今回も徒然ながらこのように。
では。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 財務省 改ざん
  3. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。