やっと真剣に国を守る気になったか、日本政府は?河野太郎外相の防衛相起用で!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


ラビカリです。

今回はこちら

やっと真剣に国を守る気になったか、日本政府は?河野太郎外相の防衛省起用で!

です。

何でも、そうなんですけど。
賛成する方がいれば、反対する方もいる!
ということで、ここで僕が掲げたことに

同意もあれば
「とんでもない」と声を荒げる方もいる
とは思いますけどね。

でも
僕はタイトル通りに受けとめている次第。

おそらく
この人事、河野太郎外相の積極性と

たとえば
これまでの康京和(カンギョンファ)外相との
やり取りを通じ

日本側の考えを確実に伝えた姿勢などが
評価されたものと捉えますがどうでしょう。

であれば
「そのまま続投でもよかろう」との声もおありでしょうけど。
それはこのアト・・

また
対外的な懸案事項として挙がるものは
韓国が筆頭
あるいは
それとかかわるところでしょう。

そして
外交と防衛は近しい関係にあると思われ

もしかすると
文在寅政権の今後の動きから
在韓米軍撤収を予見した日本政府であり
安倍首相の考えを強く反映したもの
かもしれません。

朝鮮半島の騒擾、動乱を意識した?
ということ。
これが頭をよぎるのです。

そこでそれに対応できる人材が防衛相として
必要だ!
ということではないでしょうか。

しっかり自衛隊を束ね
自衛隊最高司令官の首相を確実に補佐できる!
そのための布陣として、ね。

スポンサードリンク


そうでもしないと、今の態勢では邦人の救出は
難しいでしょう。

少なくとも、現状を見る限り
韓国の協力はないですよね。

となれば
日本人が韓国から日本へ脱出する時は
苦難の道を
否が応でも選ばざるを得ないでしょう。

その対応のための起用でもあるかと。
思うのです。

ただ、心配なのは河野太郎氏のアトを継ぐ
茂木敏充氏のこと。

これまでの報道を通じ
わかる範囲の閣僚予定者(たぶん)
首  相:安倍晋三
官房長官:菅義偉
財  務:麻生太郎(副総理)
経  産:西村康稔
外  務:茂木敏充
防  衛:河野太郎
経  財:加藤勝信
国  交:赤羽一嘉
五  輪:橋本聖子

幹 事 長:二階俊博
政調会長:岸田文雄
総務会長:甘利明
参院幹事長:世耕弘成

ほ  か:三原じゅん子(何だろう)

経済には長けた方とは思うものの
もともと韓国の言い分には耳を傾けやすい?
外国人地方参政権賛成とか
移民受け入れには積極的とか
ありますよね。
(ウイキペディア参照)

どこか、日本人をないがしろにしたかに映る
側面も持ち合わせている様子。
(これは僕が思うだけ、だけど。)

とにかく、少々「大丈夫か?」となるわけ

安倍首相はいったいこのアト
「韓国や中国にどう対応していきたいのか」
と、いくばくかの疑問を持つということ。

ですが、話を戻して

ともあれ
当面の課題の一部と思われる
海上自衛隊の自衛艦旗不掲揚で入港要求とか
哨戒機へのレーダー照射とか
数多の未解決な問題が解決へと前に進む!
兆しに見えることはよいと思うばかり。

河野太郎外相が内閣改造で防衛相かも? いいんじゃない、韓国との縁はなさそうだし!

今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。