稲田朋美氏ら訪中へ!女性活躍に向けた日本の取り組みを紹介するなら、その分野で先進の国へ向かうべきでは?

この記事は2分で読めます

ラビカリです。

今回はこちら

稲田朋美氏ら訪中へ!女性活躍に向けた日本の取り組みを紹介するなら、その分野で先進の国へ向かうべきでは?

・・です。

よう、わからん?

自民党のやることは・・時折ね。
大挙して、議員がごっそり韓国に出かけてみたり
コレは去年のことだけど。
二階幹事長、引率の件・・ね。

今回は稲田朋美氏が女性議員を何名か引き連れて
中国に向かうそうな・・
(26日から31日)

目的はこういったものらしく
海外へ向かうための大義名分としては
それなりに整えているように映りますけどね。

女性活躍推進に向けた日本の取り組みを紹介し女性政治家同士の国際交流を呼び掛ける
※ 日経(8月14日)
https://r.nikkei.com/article/
DGXMZO48548910U9A810C1PP8000?s=2
産経では「女性政治家同士の交流を呼びかける」とも、ね。
(19日)
https://www.sankei.com/politics/
news/190819/plt1908190011-n1.html

でもね。

女性活躍推進で、取り組みを示したいなら
日本よりその分野で先進と言われる欧米に行くべき
と思うのですが、どうでしょう。

別に訪問する中国とネパールが女性活躍で
先進性がないというわけではありませんが
実績は聞こえてこないでしょう。

もっとも、実績をそれらの国へ向かう前に示して
「行ってきまーす」ならわからんでもないけど。

なーんか
しっくりこないというか
「何しに行くんだろう」的な想いと

そもそも、日頃から対外的に強気な姿勢を持つ
と思われる稲田朋美氏や杉田水脈氏が
中国にでうよ・・。

この次元の内容で訪問することに違和感アリアリ
なのです。

申し訳ないが
ヘコヘコしに出かけるように映るってわけ・・

とにかくも、どうせ出かけるなら
もっと硬派なテーマで
激論を戦わすぐらいの意気込みでなければ
朝貢みたいに受けとめられかねないのでは?
と危惧するばかり。

今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

スポンサードリンク



ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。