中山恭子氏は新党「希望の党」に向かう? 日本のこころから小池百合子都知事の勢力範囲へ吸引でしょうか?

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク




こんにちは。
今回はですね。
「何で、そっちへ、行っちゃうの?」と思うこと。

中山恭子氏、あの「日本のこころ」の代表が、何と。
小池百合子都知事の息のかかるであろう新たな政党
に身を寄せる考えがあるとのこと。

新党「希望の党」・・かな?

一瞬、目を疑いましたが、報道にしかと表れていま
すからね。
確かなんでしょう。

しかも、小池百合子都知事と会談する様子。
いや、この時点では終了しているかもしれません。
(今、24日18時過ぎなので。)

とにかく、そのような意思があるのでしょう。

しかし、何も疑似民進党のような新党に向かわずと
も・・と。
素人ながらもつい思うのですが、どうでしょうね。

確かに、小池百合子都知事は選挙には長けているで
しょうから、当選の可能性を見い出すことはできる
かもしれません。

ですが、そのあとは小池百合子都知事の一兵卒では。

しかも、都政の進展が見られない小池百合子都知事
のそばに行かなくても。
と思うのです。

スポンサードリンク


やはり、議員であることに意味があるとの考えでし
ょうか。

まあ、落選したら、ただの人でしょうから。
議員であることに意味があることは当然でしょう。

これは愚問でした。

ただ、どうなんでしょうね。
中山恭子氏は、安倍首相と近い政治家と思っていま
したが、今までのその関わり、今後は変化するので
しょうか。

また、話は前後しますが、自民党安倍政権と東京都
を結び付けたい思い?
あるいは、民進党外の保守色のあるグループと安倍
政権との仲立ちをしたい考えでしょうか。

いろいろと頭にはアト付けのように浮かびますが。
何とも、とにかく驚きです。

今後の動きに注目ですね。
ただ、若狭勝氏、細野豪志には申し訳ないと思いま
すが、もし新党の顔にしたいのであれば。
これほどの方はいないかも。

その新党は「希望の党」とか言われていますが。
まさに希望になったりして。

今回も徒然ながらこのように。
では。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  3. 世相 雑学
  4. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。