日本国を思う山田宏議員(自民党)は尖閣諸島の名称入り天気予報の実施を迫る! 安倍首相は気象庁に検討へ・・第一歩か!

この記事は1分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うことです。
尖閣諸島名入り島嶼部の天気予報。
こちらの実施要望にかかる質疑・質問に関して。

昨日(5日)のこと。
場所は参院決算委員会において。
自民党の山田宏議員が「これは、すごい!」と思
わせる質問を行っていました。

趣旨のみですけど。
「技術的に尖閣諸島の天気予報は可能」
「気象庁は尖閣諸島の天気を出すべき」

結果として、安倍首相も折れた?
という表現も妙ですが政治的に関わりそうなので
触れたくなかったのか。
まずは「気象庁へ検討」となったものです。

山田宏 尖閣諸島

また、この一連の質疑応答の中で。
山田宏議員はこのようにも発言しています。

「中国は日本より離れてるのに報道してる。」
「NHKが毎日放送すれば」
「国民は尖閣諸島に関心を持てる」

このように熱意を持ってあたっているわけです。

こちらの背景は山田宏議員の他の発言のとおり。
現状を見て憂いたのかもしれません。

中国はすでに尖閣諸島を自国領とした天気予報を
実施しているのに対し、日本の天気予報は「石垣
島地方」としての一くくり状態を突いたもの。

また、答弁にあたった一人。
気象庁の橋田俊彦長官はこのように言葉を発して
いるのです。
「技術的な観点から可能」

こうしたこともあり山田宏議員は強く安倍首相に
迫ったのでしょう。

何はともあれ、とおり一辺で日本国民云々を語る
国会議員が多い中、問題意識を持った人物もいる
と感じさせたできごとでした。

今回も徒然ながらこのように思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  3. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。