浪速のエリカ様こと上西小百合議員と給付型奨学金大反対! 自棄のやんぱち発言にも見える!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク



『自棄のやんぱち』に見える発言を繰り返す
国会議員について徒然に思うのです。

上西小百合議員のこと。

この方が語るとなぜか世間が引くというか
拒否反応を示すことが多いようですね。

確かに、いくつか拾うとつい「黙っとれ!」
というリアクションが起きても仕方のない
内容に見えます。

1

 稼ぐなら中学から
 働いたって稼げます

2

 大学行けば
 なんとかなるなんて
 甘い

3

 給付型奨学金は大反対
 勉強したいなら
 社会に出てからだって
 できる

4

 私は家が裕福で
 大学まで行きました
 それどころか
 3000万以上の
 貯金もあった

一言で言えば思いやり、気遣いがかける
ということでしょう。

それに気が付かないのがこの方の最大の欠点?

もしくは気が付いているけどあえて・・
ということであれば、『自棄のやんぱち』?

もう次回は落選と踏んでいるから、この際
思ったことはすぐ言葉にして、世間に名前を
売るだけは売ろうということ?

いずれにしても、これまでの数々の自己主張
奇行から、将棋で言えば詰み状態に見えます。

どうするのかな?

1  国会本会議欠席の旅行
2  セクシーな写真集を発売
3  元秘書を告訴
スポンサードリンク

まだ、他にもあると思うけど。
まずは思いつくところ。

アト、維新の会から除名されていますね。

維新の会も一蓮托生にされてはタマラン!
と思ったのかも。

しかし、話変わって話題の根っ子となった

給付型奨学金に反対

これはね。

この人が表さなければ、決して悪い内容
とは思わないのです。

基本的には大学の入学、授業にかかる費用が
高額であることが、受験者、入学者の負担の
大きいところですからね。

補助して云々というよりは、そういうものが
なくても進学できる形を整えるべきでしょう。

例えば、かつての国立大の年間授業料が
18,000円であった時代に戻すとか・・ですね。

妙に私立大学に金がかかり国立大が安いのは
不公平というような論理ではなく、経済的
困窮者でも、修学意欲旺盛、高校までの修学
状況良好な者には、修学できる環境を始めから
揃っているようなものに戻すべきでしょう。

持論はこのとおりですが、でもそれができない
から、こうした方策が生まれることも理解は
できます。

アトは、真に必要な若い人に届くことを期待
したいものです。

話は飛びました。

ともかくも、上西小百合議員の今回の自己主張。
Twitterにしろ何にしろアウト!でしょう。

ドラマ風に言うならば、醜悪至極なり!

アトは有権者の判断待ち・・。。

徒然に思うのです。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。