稲田防衛相、岡部陸幕長の辞任の流れは日本に大きな影響を与えるか! 民進党の蓮舫代表の辞任は同党の自浄作用の表れか!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちはです。
27日はいろいろと政治の世界を中心にできごとが
多かったようです。

北朝鮮の弾道ミサイル発射云々もありました。
でも、こちらは。
現在のところ、具体的なものはない様子。

ところで、日本国内を見渡すと。
まずは午前中です。
防衛省・陸上幕僚監部、陸上自衛隊トップである
岡部陸幕長の辞任が明らかに。

午後から、その重さは違いますけど、野党党首で
ある民進党・蓮舫氏が代表辞任を表明へ。

そして、稲田防衛相の辞任意向がその後伝えられ
るとした動きがあったのです。

いささか、順番が前後しますが、まずは比較的。
軽めの分野から進めます。

蓮舫氏ですね。
同氏に関しては、当人は二重国籍云々が要因では
ないと語っているようですが。
やはり、この部分は大きいでしょう。

また、稲田防衛相と岡部陸幕長は、南スーダンの
日報に関して、そのデータの隠ぺい云々で責任を
問われたのでしょう。

ただ、前者の蓮舫氏の場合。
野党の党首でありつつ、過去の閣僚経験時も含め
国籍法の法律違反状態を長きに渡って放置したの
です。
その結果生じたものと言えるでしょう。
で、結局、世間の責めに耐えかね、辞任へ。
と、思われます。

ただ、これによって、民進党の自浄作用がですね。
ようやく効き始めたように見えます。
つまり悪いことをしていたので、隠しきれず。
下りたようなものでしょう。

ちなみに後任は前原誠司氏か、枝野幸男氏との話
もあるようですが、前原氏は在日外国人から献金
受けた話が過去にあります。
また、枝野氏も革マル派から同様に献金を受けた
との話も・・。
となると、引き続き民進党には今後も激しい風が
吹きそうです。

そして、日本にとって重いのは後者でしょう。
防衛相と陸幕長の辞任です。
今回の件はそこまで至らないといけない事案だっ
たのか。
はなはだ疑問です。

とても、残念なものを感じます。

いったい、攻めた野党は辞任に追い込んだ後。
何を頭に描いていたのでしょうか。

とにかく、辞める方向に追い込むことが国のため
になるとは、到底思えないのです。

ということで、いろいろと考えさせられる一日で
した。

今回も徒然ながらこのように。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  3. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。