日本政府、輸出貿易管理令の一部を改正する政令案で意見聴取へ!(韓国へのフッ化水素の輸出規制云々)

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

ラビカリです。

タイトルは堅めになりましたが

日本政府、輸出貿易管理令の一部を改正する政令案で意見聴取へ!(韓国へのフッ化水素の輸出規制云々)

韓国向けのフッ化水素、フッ素ポリイミドなどの
輸出規制で日本が動き出した話題と言えば

「ああ、あれね」
とうなづく方は多いのではないでしょうか。

基本、日本政府の真の意図はわかりませんが
その目的となるであろうものをいくつか考え
取り上げると

こちらの二つが該当すると思うのです。

一つは、近年際立つ韓国による
反日誹謗施策(いわゆる徴用工が求める金銭問題
旭日旗への執拗な批判など)

あるいは
敵対行為(海自哨戒機へのレーダー照射など)
への対抗措置として
韓国経済、生産活動にも必要とされる原材料を
輸出しない(渡さない)ということ。

もう一つは、韓国に流れた当該原材料が
北朝鮮に流れることを阻止。

どちらにしても、一度は韓国に日本側の怒りの
気持ち、「きちんとやれよ」との意志を
承知してもらうためには必要なものかと。

なお、政府はこれを次のとおり

『輸出貿易管理令の一部を改正する政令案』
として、パブコメにかけています。
※ https://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=595119079&Mode=0

7月24日まで。

『案』
輸出貿易管理令(昭和二十四年政令第三百七十八号)の一部を次のように改正する。
別表第三中「、大韓民国」を削る。

この意はこういうもの。

国際的な平和及び安全の維持のため、大韓民国を仕向地とする貨物の輸出について仮に陸揚げした貨物に係る輸出の許可の特例を廃止

僕なりにかみ砕いたものがこちら。

韓国向けについて、今まではホワイトリストにある国として、特段の制限を設けず当該原材料を輸出していたが、今後はしっかり輸出が妥当かどうかの検討を行うということ。

早い話

韓国が欲しい時に原材料が手に入るかどうかわからないわけで、同国の経済活動に相応の圧力をかけることになる

と思われるのです。

ちなみに、当該原材料は
TV・スマートフォン(有機ELディスプレイ)
などのもと。

少なからず
サムソン、SKハイニックスなどは困るかも
しれません。

それにしても、韓国も、もうちょっと
日本側の話に耳を傾ければよかったのにね。

とはいえ、まだ、パブコメ段階だから
決まったわけでもないけど。

でも、そう思うのです。

ということで
今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

スポンサードリンク

追記 この件のアト

その後、本件で表したものにこれらが続きます。

日本は韓国へ、フッ化ポリイミドなどの輸出規制へ! ただ、世間は淡々と受け止めか?

日本製品不買運動よりもフッ化水素などが、朝鮮半島で毒ガスに転用可の方が深刻な問題!

韓国はプンプンマルか、WTOで日本の輸出規制(半導体材料関連)を批判する!

韓国の康京和外相、米国、ポンペオ国務長官に助けを求める?

日本が韓国産業通商資源省の関係者を冷遇した! 説明会ではない協議と言い張るか?

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. ウーマンラッシュアワー 村本大輔
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。