モンスター揶揄の豊田真由子議員、自民党離党から入院へ! 暴言、暴行なのに河村建夫氏は擁護? でも蓮舫氏は批判できる?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うことです。
モンスターと揶揄される豊田真由子議員に関して。

週刊新潮の直撃弾を頂戴して自民党の離党ともに
入院に至ったようです。

確かにですね。
あれだけ書き立てられれば、次の衆議院選挙。
特に埼玉 4区、ここは小選挙区ですからね。

再起はダメ!
次の選挙はダメと思ったのかもしれません。
で、入院に至ったのかも・・。

また、週刊新潮もえげつないことをするとは思い
ますけど。
豊田真由子議員もよくなかったのでしょう。
50代半ばの秘書を「ハーゲ」呼ばわりしたりです。
また、頭を殴ったりはいかんでしょうね。

暴言・暴行のモンスターと言われても詮無きこと
です。

ただ、今回の週刊新潮の直撃弾。
かなりは激しかったようで、この話に触れた人は
ですね。
ツイッターでもかなり反発心を表したようです。
まあ、仕方がないですよね。
日頃の行いが悪いのでしょう。

たとえば、平成26年の天皇陛下・皇后陛下主催の
園遊会のこと。
招待を受けていない自身の母親を無理やり会場に
入れたとかして、騒動になった話もありますから。

わがまま、自己中心的な人物でしょう。

ということで、自民党離党、気に病んだのか入院
のようです。

ただ、この一連のことに関して、自民党のこの方。
何やら中途半端な見解を出していますね。

元官房長官の河村建夫氏です。
「かわいそうだ。男性の衆院議員なら、あんなの
はいっぱいいる。気持ちは分かる」と述べた。
(産経から)
とあり、擁護したようですね。

そういうものですかね。
園遊会の件を考えると悪い方の見立ての方が正し
いと思えてくるわけですが。

そして、一方ですね。
こちらの方、蓮舫議員は「国会議員としての資質
があるとは到底思えない。一日も早く本人が説明
され、出処進退を明らかにすべきだ」と述べたと
あるのです。(産経から)

蓮舫氏はこのようなことは言えないですよね。
二重国籍疑惑をそのまま頬かむりしているのです
から。
資質以前に日本人としての法的資格があるのか。
その部分が怪しく思われますけど。
とにかく、大胆に発言しています。

ある意味、蓮舫氏もモンスターでしょう。
そのように見えます。

こうなれば民進党のガソリン、生コンなどで噂の
絶えないモンスターに見える議員と話をすれば。
退院が早まったりするかもしれません。

というように映ったりも・・。

今回も徒然ながらこのように思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。