国会『森友学園』騒動は民進党が産経を『辻元清美』騒動で攻撃して幕引き? 結局、野党は学園を破壊したかっただけ?

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うことです。
『森友学園』に関して。

森友学園 民進党

扱っているテレビ局、報道・メディアは毎朝の
ように「自民党が関わっていますよ。」「悪い
奴です。」と言わんばかりにやっていましたが
全般として下火になったのでしょうか。

ただ、一番悪いのは籠池氏!
それだけは頭に植え付けられた感じですね。

最初、この学園を知った時。
学園の教育理念はよい!
いいじゃないか!と思っていましたけど。
肩透かし喰らっちゃいました。

とにかく、籠池氏が国会で証人喚問を受けて。
なにやら怪しいオジサンに成り下がった!
それだけでなく、多方面に影響を与えたことは
報道・メディアを通じて理解はできます。

ですので、本来あるべき姿を追求すること。
それは大事でしょう。
そして、警察、会計検査院等々然るべきところ
に対応してもらえばよいのでしょう。

そこで、国会はこの学園の騒動に関わることは
さっさと終わらせて本来の活動、たとえば「テ
ロ等準備罪」新設の組織犯罪処罰法改正案の審
議とかですね。
オリンピックに備えて行わなければならない!
そういったことに充てるべきと捉えるのです。

偉い人達はどう思っているのでしょう。

まあ、本当に下火になったらなったで、それは
よいのです。
国会は本来時間を割いて行うことに充てて欲し
いのですから。

森友学園 民進党

ただ腑に落ちないというか、ずるいというか。
適当に見えるところが 1つありますね。

それは昨週あたりから辻元清美氏の名前がクロ
ーズアップされるや、急速に野党も報道・メデ
ィアも安倍首相を攻撃するようなトーンが薄ま
ってきたように見えること。

別に、当方は自民党や安倍首相を攻めよ!
と言っているわけではありません。

むしろ、民進党や同党の蓮舫代表が産経を攻撃
する姿勢を示したことに、同党の節操のなさを
感じているぐらいです。

要は、民進党はじめ野党に加えて産経以外の報
道・メディアが辻元清美氏の名前が世間でネガ
テイブイメージになることを配慮し始めたのか?
と思っているのです。

だから、腑に落ちない、ずるいと。

結局、民進党はじめ野党や辻元清美氏に火の粉
がかかるといけないので、アグレッシブな動き
を抑えることにしたのか。

もしそうであれば。
何か理不尽に見えてくるのです。

当方は、基本的に日本をよくする人達、政党で
あればウエルカムなので、自民党一辺倒という
わけでもないのですが、最近の民進党・共産党
・社民党・自由党の動きは品のない言葉ながら
も「えげつない」と感じますからね。

そもそも、辻元清美氏のことを当方はあまり知
らなかった。
実際はそういう人もいるのか。
そんな程度に捉えていましたが、あれだけ名前
が出てくるととつい調べてしまいます。

10年ぐらい前には悪いこともしていたみたいで
秘書の給与をチョロまかしたこともある様子。
(議員秘書給与詐欺事件)

であれば、この方前科一犯なんですね。
それもビックリですけど。
とりあえず、今は横に置いてですね。

野党と報道・メディアの動きが静かになった?
「なった」ように見えるのです。

ですから、野党 4党は結局自民党の安倍政権を
叩くだけの思惑で騒いでいた。
それだけのことだったのか。
とあらためて思うのです。

別にファクトとか言っても民進党の利すること
だけがファクトではありません。
それに反するものもファクトとして出ることは
あるでしょう。

森友学園 民進党

ですから、民進党はさらにファクト追及すると。
民進党に都合の悪いファクトだらけになりそう?
なので、ヤメタ!
静かにしよう!
そういうことでしょうか?

門外漢が想像するだけのことですから。
さしたる意味は持ちません。
ですが、2月と3月の国会は野党が騒ぐだけ騒ぎ
成し遂げたものは『森友学園』の破壊だけ

終わった。

何かむなしいものが残るところですね。

今回も徒然ながらこのように思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. JXTG 石油元売り
  2. 世相 雑学
  3. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。